11/1から入庫依頼時に検品タイプの選択が必須になります

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

物流アウトソーシングサービスのオープンロジです。

入庫処理の迅速化のため、

11/1から入庫処理時の商品検品タイプの指定が必要になります。

【検品タイプとは?】

入庫処理を実施するときに、倉庫の担当者が商品を判別するための情報です。

各検品情報の詳細を下記します。

検品タイプ 説明
商品名 商品の名称。オープンロジへの登録データと、実物の商品に記載の商品名が一致している必要があります。
商品コード ユーザー様管理用のコード。メーカー製品型番などをご入力頂くケースが多いです。
管理バーコード 商品管理用のバーコード。JANコードやEANコード、FNSKUコード(FBAラベル)が利用できます。
オープンロジ商品IDラベル オープンロジの商品IDバーコードが印刷されたラベル。
商品画像 商品の画像データを用いた検品。入庫作業負荷が高いため、オプション料金を頂く可能性があります

【入庫検品タイプ指定の手順】

  1. 入庫依頼画面で、いつもどおり入庫依頼を作成
  2. 商品の選択後、検品のタイプをプルダウンメニューを選択

%e5%85%a5%e5%ba%ab%e4%be%9d%e9%a0%bc

ご不明点・ご要望ございましたら

お気軽にご相談ください。

引き続きオープンロジサービスをご利用いただけますよう

よろしくお願い申し上げます。

オープンロジカスタマーサポート
cs@openlogi.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中