Amazon出品制限とは|出品制限・規制についての基礎知識や解除の方法など詳しくご紹介

Amazonで出品したいと検討している事業者様は、さまざまな媒体でリサーチをかけていると、出品制限・規制というワードをよく見かけているのではないでしょうか。Amazonには商品によって出品制限や規制がかかっている商品が存在します。

事前にしっかりと出品制限について理解しておかなければ、自分が出品しようとした商品が出品制限にひっかかってしまい販売できなかった……なんてことになりかねません。

Amazonで販売するには出品制限について詳細を知っておく必要があります。今回は、Amazonの出品制限について基礎知識から解除の方法まで詳しくご紹介します。Amazonへの出品を検討している事業者様はぜひ参考にしてください。

Amazonでの出品制限・規制の基礎知識

Amazonでは商品によって出品制限や規制がかかっていることがあります。自社が販売したい商品について事前に出品制限や規制の有無を調べておかなければ、せっかく仕入れた商品が無駄になってしまう場合があります。

Amazonで商品を販売するときには、出品制限・規制についてしっかりと調べておく必要があるといえるでしょう。ここでは、Amazonの出品制限・規制の基礎知識について詳しくご紹介します。

出品制限・規制とは|特定の商品出品に制限をかけること

そもそも、Amazonの出品制限・規制とは一体どのような状況なのか詳しく知る必要があります。Amazonでの出品制限とは、その名の通り特定の商品の出品に制限をかけることですが、全てのユーザーに共通して同じ商品に出品制限がかかるわけではありません。ユーザーによって出品制限がかかる商品の種類は異なります

また、出品制限・規制がどのような基準でかかっているのかはAmazonは公表していないため、具体的な基準は不明です。そのため、自社のアカウントがどの商品において出品制限や規制がかかっているか、事前のリサーチが重要になってきます。

仮に前もって調べておかなければ、仕入れた商品が実は出品制限がかかっていて許可が取れず、販売できない事態が起こってしまう可能性もあります。事前に自社のアカウントがどの商品が出品制限がかかっているのか、調べておく必要があるでしょう。

Amazonが出品制限・規制をかける理由|Amazonの顧客信頼を失わないため

Amazonで出品制限・規制がかかるのには理由があります。その理由を知っておくことでAmazonへスムーズに出品することが望めます。ここでは、出品制限・規制がかかる理由について詳しくご紹介します。

偽物の出品を防ぐため

出品制限・規制がかかる理由1つめは、偽物の出品を防ぐためです。

Amazonでは、個人から事業者まで多種多様なセラーが商品を出品しています。そのため、誰もが許可なく商品を出せるようにしてしまうと、悪意ある者が偽物を出品する恐れがあります。

インターネット上は画像と文章でしか商品を確認することができず、実際の商品を手に取って見ることができません。そのため、出品者が偽物を配送してしまったときにいち早く気付くのは消費者の可能性が高いです。

消費者の元に偽物が届いてしまえば、Amazonの信頼は一気に下がってしまいます。セラーに対して出品制限というひと手間をかけることで、悪意ある偽物商品の出品・流出を防ぐことができます。

流通経路が曖昧な商品の出品を防止するため

出品制限・規制がかかる理由2つめは、流通経路が曖昧な商品の出品を防止するためです。

前項の内容と共通する部分がありますが、流通経路が不明瞭な商品は偽物・粗悪品である可能性があります。どこから仕入れた商品か分からないものは、当たり前ではありますが信用ができません。

いつ、どこで、誰から仕入れたのかはもちろん、正規のルートから仕入れたことがはっきりと分かることが重要です。出品制限をかけることで、非正規のルートから仕入れた商品の流入を防ぐことに繋がります。

Amazonの顧客信頼を失わないため

出品制限・規制がかかる理由3つめは、Amazonの顧客信頼を失わないためです。

現在Amazonはサイト自体にネームバリューがあり、信頼度も高いといえます。Amazonのサイトで販売されている商品に消費者は偽物があるとは疑う人は少ないでしょう。

仮に出品制限などの規制がなく偽物の商品が紛れてしまい、お客様の元へ偽物の商品が届いてしまえば、その瞬間からAmazonの信頼度は一気に下がってしまうことが予想されます。また、どこのルートから入手した商品か分からない場合、低品質の非正規品がお客様の元へ届いてしまうかもしれません。

出品制限は偽物をお客様のところへ届かないようにするためという意味もありますが、何よりもAmazonの顧客信頼を失わないためのシステムという側面が大きいでしょう。

出品制限がかかっている品目・カテゴリー

Amazonの商品にかかっている出品制限は、品目やカテゴリーが多数存在します。その種類は多岐に渡るため、ひとつひとつを覚えるのは困難でしょう。ですが、出品制限がかかっている品目やカテゴリーには特徴や共通する点があります。

ここでは、出品制限がかかっている品目・カテゴリーの特徴や詳細について詳しくご紹介します。Amazonへの出品を考えている事業者様は、出品を検討する際の参考にしてください。

Amazonで正式には公開していない

Amazonでの出品制限の基準は前述の通り、公式で明らかにされてはいません。しかし、傾向として販売者の出品実績が浅いと出品制限のかかる商品が比較的多いといえます。また、販売実績を重ねることで出品制限のかかっていた商品が容易に出品許可が下りることもあります。

出品制限や規制がかかっているからといって不安になる必要はありません。カスタマーの信頼を得るべく、最初のうちは地道に出品実績と評価を高めることを心がけましょう。

品目・カテゴリーはユーザーごとに異なる

出品制限・規制がかかっている品目・カテゴリーは統一されておらず、ユーザーごとに異なります。そのため、他のユーザーに制限がかかり手続きが必要だとしても、自身に当てはまるかどうかは分かりません。

他のユーザーの出品制限の情報を集めることは、出品制限がかかっている傾向を掴むための手掛かりにはなります。しかし、自身のアカウントで実際の情報を確認しない限り、確信は持てないものだと認識しておきましょう。

中古品は出品制限がかかっていないことが多い

出品制限がかかってしまうことを懸念している事業者様は多いです。確かにAmazonには出品制限や規制がかかっている商品が多いといえます。しかし、それは新品の商品である場合が多く、中古品は出品制限がかかっていないものが多く散見されます。

Amazonで商品を販売する時は、必ずしも新品である必要はありません。中古品を仕入れて売るという手段を取っても良いでしょう。しかし、必ずしも新品に制限がかかっている場合に中古品の制限がかかっていないとは限りません。出品制限・規制を確認するときは、制限内容の詳細をしっかりと確認することが大切です。

出品制限の有無の確認と解除の方法

出品制限がかかっているからといって、その商品を販売できないということではありません。しっかりと手順を踏んで制限解除の手続きを取れば、その商品を販売することが可能です。

ここではAmazonで出品制限がかかっているか否かの確認方法や、出品制限の解除方法を詳しくご紹介します。

出品制限の有無はPC・スマートフォンから確認可能

自身のセラーアカウントが実際、どの商品に出品制限がかかっているのか気になる事業者様は多いでしょう。自身のAmazonセラーアカウントでどの商品が出品制限がかかっているのかを知りたいときは、セラーセントラルから閲覧することができる「商品登録画面」や、Amazon Sellerアプリから確認することが可能です

また、セラーセントラルやAmazon SellerアプリはPCスマートフォンから手軽に確認することができます。仕入れたい商品が見つかったときには、すぐに調べたいものです。出品制限をどこで確認したら良いか事前に覚えておけば、迅速に調べることができるでしょう。

FBAの管理画面からも確認できる

出品制限の有無は、FBA(Fulfillment By Amazon)の管理画面からも確認することが可能です。FBAとはAmazonが提供する物流サービスのことを指します。サービス内容は商品の保管や梱包、発送の他にカスタマー対応があります。

EC事業を行う上で、物流カスタマー対応は人件費などのコストがかかるだけでなく、工程が多いため時間も多く消費します。その業務を委託できるFBAは、とても魅力的であるといえるでしょう。

Amazonで商品を販売しようと検討している事業者様のなかには、FBAも併せて利用しようと考えている人も多いものです。FBAを利用するなかで商品の出品制限の有無を手軽に調べることができれば、わざわざ他のページを開く必要がないため、手間がかからず便利です。

請求書など必要書類を提出する

出品制限を解除するにはいくつかの方法がありますが、一番スタンダードな方法が請求書などの必要書類を用意し、Amazonに提出することです。具体的には、メーカーや卸売業者から直接仕入れたことを証明する請求書、もしくはメーカーやブランドからの販売許可書が必要になります。

しかし、このどちらかを用意するのはEC事業を始めたばかりの事業者様にとってハードルが高く、極めて難しいと言えるでしょう。

書類が不要な場合もある

出品制限を解除するには上記のような書類を用意するのがスタンダードではありますが、書類が不要であるケースもあります。いつ、どのような場合に書類不要で出品制限が解除されるのか、その条件についてはAmazonでは公式に明記していないため不明です。

しかし、ある程度の販売実績があれば、出品許可申請の必要書類などを用意せずともワンクリックで出品許可が下りる場合があります。

販売実績をしっかりと積んだからといって全ての商品がワンクリックで出品制限が解除されるというわけではありません。まずはAmazonやお客様からの信頼を得るためにも、販売実績を積み重ねていくことが大切でしょう。

Amazon出品時に押さえておきたいポイント

Amazonに出品する前にしっかりと押さえておきたいポイントをチェックしておくことで、つまずいてしまうのを防ぐことにも繋がります。ここでは、Amazon出品時に押さえておきたいポイントに着目して詳しくご紹介します。

ポイント1:仕入前に自身の出品制限商品・カテゴリーを調べておく

Amazon出品時に押さえておきたいポイント1は、仕入前に自身の出品制限商品・カテゴリーを調べておくことです。

この作業を怠り、仕入れ後に自社の作成したアカウントの出品制限を調べてしまうと、制限がかかっていた場合に、迅速に商品を販売することはできません。販売することができなければ、仕入れた商品は当たり前ではありますが無駄になってしまいます。

商品を仕入れる時に事前チェックすることは必須事項です。自社で販売する商品で、使用したいカテゴリーについても前もってチェックをしておくことが肝心だといえます。

EC事業を始めるときは早く商品を仕入れて販売したいと気持ちが急くものです。しかし、自社が販売・仕入れる商品、商品カテゴリーに対して出品制限がかかっていないかは、事前にきちんと確認することを忘れないでおきましょう。

ポイント2:出品禁止商品にも注意

Amazon出品時に押さえておきたいポイント2は、出品禁止商品にも注意をしておくことです。

Amazonでは、出品を規制している商品以外に出品を禁止している商品も多数あります。仕入れる商品や自社の商品が、出品禁止商品に該当するのは考えにくいかもしれません。しかし、出品禁止商品の項目は多岐に渡るため、こちらも念のため事前にチェックしておくことが望ましいです。

下記にAmazonの禁止商品の詳細が記載されている公式のURLを記載しています。Amazonで商品を出品したいと考えている事業者様はぜひ参考にしてください。

参考URL:
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/prohibited-items.html

ポイント3:仕入商品が出品制限になってしまったときは他サイト販売も検討する

Amazon出品時に押さえておきたいポイント3は、仕入商品が出品制限になってしまったときは他サイト販売も検討することを視野に入れておくことです。

Amazonで商品を販売する以前に自社で商品を販売していたことがあったりなど、何らかの理由で商品を仕入れてしまっている事業者様も多いのではないでしょうか。その場合、すでに商品が手元にあるため、事前に出品制限を調べるという手段が取れません。

もし、出品制限がかかっている商品を既に仕入れた状態で出品制限解除も難しい場合は、思い切ってAmazon以外のECサイトで販売することを検討してみるのもひとつの方法です。

Amazonだけに固執することなく他サイトも利用することで販路が広がり、集客人数も増加させることに繋がります。

EC事業を始めたばかりの段階では、そこまで考えることは難しいかもしれません。しかし、一か所のみで販売していた場合、そのECサイトでの売れ行きが自社の売上の全てになってしまうのはデメリットだといえます。本格的にEC事業を始めるのならば、Amazon以外の販路もしっかりとリサーチしておくことが大切です。

オープンロジはFBAに納品可能!|物流業務を自動化し業務量削減

EC事業の物流業務は規模が拡大するほどに負担が増えてきます。業務負担は少しでも軽減したいものです。ECサイトを運営するときに発生する物流業務は、外部に委託することで業務量を削減し負担を軽減することが可能です。

Amazon以外の場所でも商品を販売していると、FBAサービスのみ利用している場合、他の場所で販売している商品を管理するのが難しいでしょう。オープンロジを利用すれば物流業務を自動化することができます。また、オープンロジはFBA納品も可能なため、Amazonと複数のEC事業の物流業務を一貫して業務量を軽減することができます。

オープンロジとは|受注~商品発送まで全て自動化可能なサービス

オープンロジではEC・ネットショップの運営で発生する商品入荷から在庫管理から発送までの一連の物流業務API連携をすることによって全て自動化するサービスです。

物流業務の全てを自動化できるため、日々の業務を軽減することにつながります。新たにネットショップを始めると必然的に業務量は増えます。新しい業務が増えたときこそ、経営などの基幹業務に力を入れたいところです。業務量削減の手段として物流業務の自動化は有効といえます。

商品1点から利用OK|ネットショップのスモールスタートができる

EC事業の物流業務を外部に任せたいけれど配送商品の個数がネックとなり業者が見つからないという事業者様も多いです。オープンロジでは商品1点から利用していただくことが可能です。

そのため、EC事業を始めたばかりの事業者様でも気軽に活用していただくことができます。始めから物流を全て自動化しておくことで、事業規模が大きくなり物量が増えてきても慌てることなく対応することが可能です。

初期費用無料!固定費なしの従量課金制だからEC・ネットショップを簡単スタート!

オープンロジでは初期費用やシステム利用料などの固定費は一切かかりません。料金も商品1点につき保管料1日につき0.2円〜、配送料金370円~と使用した分だけ料金が発生する従量課金制を採用しているため、余計なコストが発生しないところは強みといえます。

コストを最低限に押さえながらEC事業を行う上で重要な物流面を充実させるためにも、オープンロジの物流サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

□内部リンク:日々の発送業務を自動化!オープンロジはこちら
https://www.openlogi.com/

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。