越境ECおすすめモール5選|越境ECの基礎知識やおすすめのモールなどをご紹介

越境ECを検討するとき、大手のモールを経由して行いたいと考えるEC・ネットショップ事業者様は多いです。越境ECができるモールは日本国内外に多数あるため、どこのモールを利用したら良いのか迷ってしまうでしょう。せっかくモールを利用して越境ECを始めるのならば、しっかりとリサーチをしてから決めたいところです。

今回は、越境ECモールのなかでもおすすめのモールを激選してご紹介します。また、越境ECの基礎知識やモールを利用するメリットやポイントなども併せて詳しくご紹介します。モールを利用した越境ECを検討している事業者様はぜひ参考にしてください。

越境ECの基礎知識

越境ECとは一体どのようなものなのか、まずは改めて詳しくおさらいをしておきましょう。越境ECには国内のECとは異なる点がたくさんあります。ここでは、越境ECの基礎知識について詳しくご紹介します。

国境をまたいで行う国際的な電子商取引

越境ECとは、海外の消費者を相手に国境をまたいでおこなう電子商取引のことを指します。国外の消費者をターゲットにするため、販路が大幅に拡げられることが大きな特徴のひとつです。

越境ECは日本国外の消費者とやりとりをするため、言語関税など、越えなければいけないハードルが多数存在します。課題となる点が多数存在するため越境ECは難しい印象があるものです。しかし、しっかりと事前に準備を整えることができれば困難なものではなく、ハードルも高くありません。

国内でのEC・ネットショップ事業をさらに拡大したいと考えている事業者様は、越境ECを視野に入れることが多いでしょう。

越境ECの市場規模は拡大中

越境EC事業を開始するか検討したとき、まず始めに市場規模を知りたい事業者様も多いのではないでしょうか。ここでは越境ECの市場規模についてご紹介します。

現在、越境ECの市場規模は年々拡大の一途を辿っています。日本ではまだ馴染みの薄い越境ECですが、海外では越境ECは既に浸透しており、日本の品質の良い商品を手軽に入手できる手段として頻繁に利用されています。

諸外国に越境ECが浸透している理由は複数ありますが、理由のひとつとしてインターネット環境が以前よりも整ったことや、スマートフォンが急速に普及したことが挙げられます。一昔前までは、欲しい商品は自分で足を運んで買い行くのが普通でした。

しかし、ECやネットショップが安易に使用可能になったことで、ショッピングモールが遠方にある消費者でも手軽に買い物ができるようになりました

また、現在日本国内へのインバウンドが増加していることもあり、日本製品の需要が高まっています。このことも、越境ECが拡大している原因として考えられています。

越境ECの市場規模はこれからも拡大していくと予想されます。日本製品は海外に高い需要があるため、販路拡大や新規事業に越境ECは適しているといえるでしょう。

越境ECの方法は自社ECとモールがある

越境ECを始める方法は「モール」と「自社EC」を利用する方法が挙げられます。ここでは、その2つの方法について詳しくご紹介します。越境ECの始め方を選定する際の参考にしてください。

自社ECを立ち上げる

越境ECの始め方の1つめは自社ECを立ち上げることです。昨今ではネットショップを無料で開くことのできるプラットフォームが増えており、初心者でも気軽にネットショップを開業することが可能です。実際に店舗を構える実店舗はコストも時間もかかってしまいます。しかし、ネットショップなら初期費用を抑えることができるため、低いコストで開始できるのです。

最初は無料のプランで開業し、自社のフェーズに合わせて有料の制作プラットフォームにグレードアップしたり、やオプションを付加することができるプラットフォームもあります。

ネットショップでは、自社の思い描く雰囲気や商品に合わせた店舗作りができるのが特徴です。しかしながら集客力はやや弱いため、自社での対策が必須といえるでしょう。

モールに出店する

越境ECの始め方の2つめはモールです。越境ECを始めようと考えたとき、一番最初に思いつくのが有名モールでの出店という事業者様は多いのではないでしょうか。Amazonや楽天、eBayなど、越境ECに適したモールは国内外問わずたくさんあります。

モールを利用して行う越境ECは集客力が高いのが特徴のひとつです。モール自体が有名なため集まるお客様が多く、自社の商品も消費者の目に触れやすいため、個人で開くネットショップよりも集客力があります。

しかし有名な分、モールを利用して出品している事業者様は多く、競争が激しいという一面もあります。モールの集客力に甘えず自社商品のリピーターを獲得する戦略や、自ら集客力を上げていく努力が必要といえるでしょう。

関連記事:
越境ECとは|越境ECの基本や市場規模、メリットやデメリットなどを詳しくご紹介

越境ECでモールを利用するメリット

モールを利用して越境ECを行う方法にはいくつかのメリットが存在します。メリットを知っておくことで他の方法と比較したり、自社と合っているかどうかの判断材料として活かすことも可能です。

ここでは、越境ECでモールを利用するメリットについて詳しくご紹介します。

低コストで事業を始めることが可能

越境ECでモールを利用するメリット1つめは、低コストで事業を始めることが可能なことです。

自社で越境ECを行うためにECサイトを立ち上げたり、イチから越境ECを行う場を構築するとなると莫大な経費がかかってしまいます。しかし、モールを利用すれば、すでに必要な機能が備わっているだけでなく、初期費用も安く済ますことが可能です。

新事業を行うときのコストはなるべく低く押さえたいと考えるものです。低コストで開始し、軌道にのってきたところでコストをかけて越境EC事業を強化していくことも可能でしょう。

越境ECに挑戦してみたいけれどコストはあまりかけたくないという事業者様には、モールを利用した越境ECはオススメの方法といえます。

モールの知名度が高いため集客力が期待できる

越境ECでモールを利用するメリット2つめは、モールの知名度が高いため集客力が期待できることです。

越境ECを行うときに重要なポイントのひとつは集客です。大型の越境ECモールは既に多くの利用者を抱えています。そのため、自社の商品や自社の認知度が低く集客力が無くても、ある程度の集客が望めます。

越境EC事業を立ち上げたばかりのときや自社の商品に集客力が期待できない場合は、始めのうちはモールの集客力を利用するのもひとつの方法でしょう。

しかし、モールの集客力にばかり頼っていてはいけません。モールの集客力は、最初のうちは役に立つかもしれません。しかし自社でも集客に対してしっかりと対策をしなければ、次に来た新しい他社にお客様を奪われてしまう可能性もあります。

自社の商品だからこそ購入したいというお客様やリピーターを獲得するためにも、自社できちんと集客対策を行うことが大切です。

決済や翻訳サービスなど基本的な機能が充実している

越境ECでモールを利用するメリット3つめは、決済や翻訳サービスなど基本的な機能が充実していることです。

日本国内では当たり前ではありますが日本語を使用し、日本の消費者に人気のある決済方法であるクレジットカード払いや代引きなどを用いています、しかし、海外の消費者を相手に行う越境ECでは、対象国に合わせた言語と決済方法が必要です。

越境ECモールによっては、海外の消費者向けの決済サービスや翻訳機能が充実しているところもあります。自社でイチからサイトを構築する場合、対象国に合わせたサイトを自作しなければならないため、とても大変です。しかしモールならばすでにその機能は標準装備されているので、その点では苦労することがありません。

決済や翻訳の機能は、越境ECで事業をするときに大切にしたい項目のひとつです。越境EC事業を始める段階でこのサービスが整っているところはモールの強みといえるでしょう。

越境ECでモールを利用するときのポイント

越境ECでモールを利用するときには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。ポイントを事前に押さえておくことで、モールで越境ECを行うときにつまずくことなく事業を開始することの手助けにもなるでしょう。

ここでは、越境ECでモールを使用して事業を開始するときに押さえておきたいポイントをご紹介します。越境ECモールを活用する前にしっかりと理解しておきましょう。

競合他社が多いため戦略を練る必要がある

越境ECでモールを利用するときのポイント1つめは、競合他社が多いため戦略を練る必要があることです。

多くの人が利用するモールですが、その分競合他社も多数利用しています。そのため、しっかりとモールで売上を出すための対策をしておかなければ、すぐに競合の他社にお客様を奪われてしまいかねません。

SNSや広告を利用して集客力を高めたり、セール期間を作るなど、他社よりも目を引く方法や、自社商品の魅力を引き出すような方法など、競合他社に負けてモールに埋もれないようしっかりと戦略を練りましょう

モールのルールや制限を事前にチェックしよう

越境ECでモールを利用するときのポイント2つめは、モールのルールや制限を事前にチェックすることです。

モールにはそれぞれ出品するときのルール制限事項などがあります。その事項をきちんと確認せずに始めてしまうと、うっかり違反行為をしてしまい出品できなくなってしまう可能性もあるでしょう。

越境ECの事業を新たに始めるときには、事前にしっかりとモールのルールや制限について、今一度よく確認することが大切です。

また、モールによってルールや制限が違うように、利用している顧客層も違ってきます。モールを選ぶときには、自社の商品に合ったターゲットがいるモールを選定することを意識するのも大切です。

可能な範囲でモールに自社の個性を出そう

越境ECでモールを利用するときのポイント3つめは、可能な範囲でモールに自社の個性を出すことです。

ネットショップでは、自社の雰囲気や商品に合わせてネットショップをデザインすることが可能です。しかし、モールはある程度統一された雰囲気があります。その中でも自社の商品や自社の個性を出すことでお客様の目に留まりやすく、自社の商品のアピールにも繋がります。

たくさんの競合相手がいるため、モールといえど自社ならではの色を出すことは大切です。しかしモールにはルールや制限があるため、方法が限られてきます。商品の写真やキャッチコピーを工夫してみたりなど、できる範囲で自社の個性を出すことが大切でしょう。

おすすめの越境ECモール5選

越境ECのモールを利用するときのポイントやメリットを理解したら、次には実際に利用するモールを決めたいと思う事業者様が多いのではないでしょうか。越境ECを行うことができる大型のモールは多数あります。

ここでは、オススメのモールを5つご紹介します。越境ECモールを選定するときの参考にしてください。

中国最大のECモールサイト「天猫(T-Mall)」

天猫(T-Mall).png

おすすめの越境ECモール1つめは「天猫(T-Mall)」です。

天猫は中国でも最大規模のECサイトであり、有名なアリババグループが開設したECモールサイトです。このサイトは中国での利用率が高く、とても集客力が高いことが特徴です。中国の消費者をターゲットに越境ECを行いたいと考えている事業者様は、天猫を利用しようか検討したことがある人も多いでしょう。

天猫は出店するまでの審査がとても厳しいことで有名ですが、その分消費者からの信頼が高いです。そのため天猫で出品しているだけで、消費者から信用してもらえるというメリットもあります。

出店までのハードルは高いですが、集客力と消費者からの信頼の厚さはとても魅力的なECモールサイトといえます。中国を対象国として検討している事業者様は候補のひとつとして考えても良いでしょう。

サポート体制が万全「楽天」

楽天.png

おすすめの越境ECモール2つめは「楽天」です。

日本国内のECでも有名である楽天は、越境ECでも利用することが可能です。国内の企業ということもあり、利用時のサポートが手厚いことが特徴です。越境ECを始めて行うときには分からないことがたくさん発生することが予想されます。質問ができる環境が整っているところは大変嬉しいポイントです。

国内企業のECサイトのため、管理画面が日本語表記です。海外のサイトだとどうしても英語やそのECサイトの母国語になりがちですが、楽天の場合は日本のため言語でつまずいてしまう不安が少ないです。

また、楽天では日本語で制作したサイトを外国語に変換してくれる機能が備わっています。英語、韓国語、繁体字中国語、簡体字中国語の4つに変換してくれるため、韓国や中国語圏をターゲットにしたい事業者様にとって良い環境といえるでしょう。

東南アジアを中心に急成長中「shopee」

shopee.png

おすすめの越境ECモール3つめは「shopee」です。

インドネシアやシンガポールなど、東南アジア圏や台湾をターゲットにして越境ECを行いたいと考えている事業者様にオススメなのが「shopee」です。「shopee」は、ここ数年で東南アジアや台湾の消費者から多く利用されているECサイトで今注目されています。

この地域では日本製品の信頼が厚く、越境ECのターゲットとしても昨今注目をされています。自社で取り扱う商材にもよりますが、ターゲットにする国や地域で迷っている事業者様は、「shopee」のメインターゲットである東南アジアや台湾を視野に入れるのもひとつの方法です。

市場規模の大きさが魅力的「Amazon」

Amazon

おすすめの越境ECモール4つめは「Amazon」です。

市場規模を重視してECモールを決めたいと考えている事業者様にオススメのECサイトが「Amazon」です。Amazonは世界各国多数の国に向けて商品を販売することができます。必然的に市場規模が大きいため、集客力が望めるところも人気のポイントのひとつです。

Amazonでは店を構える必要がなく、アカウントを登録したら商品を出品するだけなので、手軽に商品を販売することが可能です。また、Amazonでは物流を代行してくれるFBAというサービスも取り扱っているため、業務工程を減らしたいと考えている事業者様にもオススメだといえます。

しかし、商品の配送方法を越境ECでよく使用されるEMSにした場合、関税は受取側になってしまいます。Amazonでは関税の代理支払は受け付けていないため、一度別の倉庫を通過させる必要があります。その時は、弊社オープンロジのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。オープンロジでは、米国Amazon向けのFBA納品も可能です。

複数国を相手に越境ECを行いたいなら「eBay」

eBay.png

おすすめの越境ECモール5つめは「eBay」です。

世界的な知名度が高い「eBay」は、複数国を相手に越境ECを行いたい事業者さまにピッタリです。eBayは日本ではまだ知名度は高くはありませんが、越境ECが広まるにつれ徐々に人気を高めつつあります。

eBayは世界各国で使用している消費者が多く、知名度も高いところも特徴のひとつです。そのため、越境EC初心者の事業者様でも比較的挑戦しやすい環境が整っています。表記は英語ですが、日本向けのサポートも充実しているため、安心して挑戦することが可能です。

eBayは他の越境ECサイトと比べて、お客様との距離が近いことも特徴です。そのため、カスタマー対応は十分に対策を練っておく必要があるでしょう。

また、越境ECでの物流はスムーズに行いたいものです。eBayはオープンロジと連携することできます。API連携することにより物流を自動化し、業務負担を軽減することが可能です。eBayを利用するときはオープンロジの利用も合わせて検討してみることをオススメします。

関連記事:eBayとは|基本的な使い方と課題、押さえておきたいポイントなどをご紹介

越境ECの物流を自動化|スモールスタートも可能なオープンロジ

越境ECの物流業務は国内ECよりも複雑でハードルがたくさんあります。オープンロジでは越境ECの物流業務全てを自動化することが可能です。自社での越境ECの物流業務を自動化すれば、業務負担が減り、経営などのコア業務に集中する時間を多く割くことができます。

ここではオープンロジの提供している物流業務自動化のサービス内容について、詳しくご紹介します。物流業務の自動化を検討する際の参考にしてください。

オープンロジとは|受注~商品発送まで全て自動化可能なサービス

オープンロジではEC・ネットショップの運営で発生する商品入荷から在庫管理から発送までの一連の物流業務をAPI連携をすることによって全て自動化するサービスです。

物流業務の全てを自動化できるため、日々の業務を軽減することにつながります。越境ECを始めると必然的に業務量は増えます。新しい業務が増えたときこそ、経営などの基幹業務に力を入れたいところです。業務量削減の手段として物流業務の自動化は有効といえます。

商品1点から利用OK|越境ECのスモールスタートができる

越境ECの物流業務を外部に任せたいけれど配送商品の個数がネックとなり業者が見つからないという事業者様も多いです。オープンロジでは海外配送でも商品1点から利用していただくことが可能です。

そのため、越境ECを始めたばかりの事業者様でも気軽に活用していただくことができます。始めから物流を全て自動化しておくことで、事業規模が大きくなり物量が増えてきても慌てることなく対応することが可能です。

初期費用無料!固定費なしの従量課金制だから越境ECを簡単スタート!

オープンロジでは初期費用やシステム利用料などの固定費は一切かかりません。料金も商品1点につき保管料1日につき0.2円〜、配送料金370円~と使用した分だけ料金が発生する従量課金制を採用しているため、余計なコストが発生しないところは強みといえます。

コストを最低限に押さえながら越境ECを行う上で重要な物流面を充実させるためにも、オープンロジの物流サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

□内部リンク:日々の発送業務を自動化!オープンロジはこちら
https://www.openlogi.com/

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。