越境ECとは|越境ECの基本や市場規模、メリットやデメリットなどを詳しくご紹介

越境EC

ECやネットショップの運営をさらに拡大していきたいと考えたとき、越境ECを視野に入れる事業者様も多くいらっしゃいます。越境ECは国をまたいだ電子商取引のことを指します。外国相手に行うため、国内ECとは異なる知識が必要です。

今回は、越境ECの基礎知識や市場規模などについて詳しく解説し、越境ECのメリットやハードルなども合わせて詳しくご紹介します。越境ECを始めるときの参考にしてください。

越境ECの基本

越境ECとは、海外の顧客を相手に行うオンラインショップや通信販売などの国際的な電子商取引のことを指します。近年、越境ECは拡大の一途をたどっています。

ここでは越境ECについての概要や市場規模について詳しく解説し、併せて現在の日本における越境ECの状況や、なぜ越境ECの市場が拡大しているのかを詳しくご紹介します。

越境ECの概要|海外に向けた通販サービスを行う電子商取引

海外の消費者をターゲットにして行う越境ECは、昨今注目されている販路のひとつです。ネットショッピングなどのEC取引が日本国内でも盛んに行われるようになりましたが、日本では海外の商品を通販で購入する消費者は多くありません。しかし、海外に目を向けてみると、自国外である日本のものを購入している消費者が多く見受けられます。

一時期、爆買いという言葉が流行ったように、日本を訪れた人々が日本製品を大量に購入していくという事象が起きました。そのインバウンド効果は越境ECにも大きく影響しており、商品を再度購入したいというリピーターが越境ECを多く利用しています。

国内のみで行っていたEC・ネットショップ事業を今後販路を拡げていく方法として、越境ECはとても魅力的な手段のひとつだといえます。

越境ECの市場規模は?|世界的に拡大中

越境ECの市場規模

越境ECへの参入を考えたとき、知りたい情報のひとつは市場規模です。経済産業省のデータを参考に見てみると、中国の消費者が日本のEC事業者から商品を購入した金額が1兆5,345億円、アメリカの消費者が日本のEC事業者から商品を購入した金額は8,238億円です。

一方、日本がこの2か国から商品を購入した金額は、中国からは261億円、アメリカからは2,504億円です。金額を比べてみると圧倒的に海外の消費者が日本の商品を購入する規模の方が大きく、逆に日本は海外の商品を購入する機会が少ないことが分かります。

https://blog.openlogi.com/wp-content/uploads/2019/09/越境ECポテンシャル推計値(2018年時算出)

また、越境ECポテンシャル推計値のデータを見てみると、日本の購入額が1.14%と動きがあまり無いのに対し、アメリカ1.69%、中国1.64%となっており、この推計からも今後、アメリカや中国の市場規模が大きくなっていくことが予測されます。

ただし、この参考データは各国の情勢や為替の動きによって変動する可能性があります。あくまで参考値をいうことを理解しておきましょう。

日本の越境ECの状況は?|日本製品の海外需要が増加

データから分かるように日本の越境ECは拡大傾向にあります。ではどのような理由で好調なのでしょうか。それは、日本製品の海外需要の増加が一因となっています。

日本製品は日本国外の消費者から質の高さを評価されています。海外から日本へ観光などで訪れたときに日本製品を自分の目で確認し購入した消費者は、質の高い商品を再度購入したいと思うことが多いです。再度現地に赴いて購入することも可能ですが、国境を越えた日本は中々行きづらいものです。

そこで利用されているのが越境ECです。日本製品を再度手に入れたいリピーターが自国にいながら手軽に日本製品を購入することができるため、需要が高まっています。

このように日本製品を気に入った消費者、いわゆるリピーターが増加しているため、日本の越境ECは年々需要が高まっています。

越境ECが拡大している要因|スマートフォンの普及が追い風に

年々市場規模が拡大している越境ECですが、その拡大の要因にはスマートフォンの普及が追い風となっている側面があります。

数年前までインターネットは、パソコンを使用して閲覧することがほどんどでしたが、今はスマートフォンが普及しているため、いつでも気軽にインターネットを利用することが可能となりました。

また、ネット通信環境も昔に比べると整備され、通信速度も早くなり、ストレスなくサイトを閲覧することができるようになっただけでなく、セキュリティー面でも安心感があります。このことはスマートフォンの普及と併せて、EC・ネット通販を活用する人が増加している要因のひとつといえるでしょう。

今現在、ネットショップを利用して買い物をすることは当たり前の手段といえるまでになりました。手軽な操作で簡単に商品を購入できる環境があれば、ショッピングセンターなどで買い物をするのが難しい消費者でも手軽に商品を手に入れることが可能です。

このようにスマートフォンが普及した効果でいつでもインターネットを使用することができ、好きな環境・自分のタイミングで欲しい商品を気軽に購入できるようになったことが、越境ECの市場規模を拡大させている大きな要因になっています。

越境ECのメリット

越境EC事業に参入したとき、一体どんなメリットを得ることができるのか気になる事業者様は少なくありません。新たに越境ECを始めるからには、自社にとってのメリットがたくさん欲しいものです。

越境ECを始めることで得ることが期待できるメリットは複数あります。ここでは、越境ECを行うことで得られるメリットについて詳しくご紹介します。

メリット1:販路が広がり、新規顧客獲得に繋がる

越境ECを始めることで、販路を拡大することができるだけでなく、新規顧客を得ることにもつながります。

日本で作られる製品は海外でとても高い評価を得ています。自国の製品よりも日本の製品の方が質が良いと評価している消費者が多いですが、現地での調達は難しいのが現状です。そこで、越境ECを利用して日本製品を手に入れたいと考える消費者がたくさんいます。

また、日本国内でEC・ネットショップ事業をしていく上で、新規顧客の獲得が課題になっている事業者様も多くいらっしゃいます。日本製品の需要が高い国をターゲットに越境ECを開始すれば販路を拡大できるだけでなく、効率的に新規顧客を獲得できる可能性があります。

メリット2:リスクを抑えて海外展開ができる

越境ECは低リスクで開始することが可能です。海外で事業を展開しようと考えたときに懸念されるのがリスクです。インターネットが普及する前までは、海外で事業を展開する手段は現地に実店舗を構えることが普通でした。

しかし、現地に店舗を構えるのはさまざまな手続きが必要なだけでなく、新たな雇用や店舗開設などの莫大なコストがかかります。また、成功する保証はなく、失敗したときのリスクはとても高いです。海外進出はリスクを補えるだけの大企業なら実現可能でしたが、規模の小さな企業は簡単には挑戦できないものでした。

インターネットなどの環境が発展した現在は、越境ECという手段を使って低コストで海外を対象にした事業を開始することが可能です。また、現地に実店舗を構えるよりも各段にリスクが低く押さえられます。新規事業は必ず成功する保証がないため、なるべくリスクは低くありたいものです。

メリット3:インバウンドのリピーターを狙える

近年、海外から日本へ旅行などで訪れるインバウンドが急速に増加しています。日本を旅行した際に購入した日本製品を使用したところ好感を持ち、再度購入したいと思う消費者に越境ECは多く利用されています。

日本製品は国内では容易に手に入るものだとしても、海外では入手が難しいことが多いものです。越境ECは自国にいながら手軽に日本製品を購入できる手段のため、海外の消費者に高い人気があります。インバウンドが増加することで日本製品を試す機会が生まれ、そこから日本製品のリピーターが増えることで越境ECの需要も比例して高まっているのです。

また、お土産で日本製品を貰ったりインターネットサイトを閲覧したり、口コミで日本製品の良い評判を聞いた消費者が興味を持ち、越境ECを利用して購入するケースもあります。

越境ECのハードル

越境ECには魅力的なメリットがたくさんありますが、もちろん嬉しいことばかりではありません。越境ECにはハードルとなる項目もいくつかあります。

越境ECを始める前にハードルとなる事項をきちんと把握しておくことで、ハードルにつまづいてしまうのを防ぐことができます。ここでは、越境ECのハードルについて詳しくご紹介します。

ハードル1:販売国に合わせた対応が必要

越境ECは販売国に合わせた対応が必須です。日本国内のECでは特に意識していなかったことにも目を向けなければいけません。では、販売国に合わせた対応とはとのような項目に必要なのでしょうか。主に必要とされる対応項目は「言語」「支払方法」「法律・規制」の3つあります。

言語

1つめは言語です。外国で販売をするためには販売国に合わせた言語が必要になってきます。自社商品を販売するサイトの翻訳はもちろん、お客様対応などのサポート面でも販売国の言語を使用しなければいけません。販売国に合わせた言語対応ができる環境を整えることは、越境ECにとって必須条件といえるでしょう。

決済方法

2つめは決済方法です。これも販売国に合わせた対応が必要です。決済方法にはクレジットやデイビッドカード、現金などの方法がありますが、販売国によってどの支払い方法がメジャーなのかは異なります。

また、PaypalやStripe、AlipayやWechatpayなどのオンライン決済も越境ECでは良く使われている決済方法です。特に中国ではAlipayでの決済がクレジットカードよりも普及しています。そのため、対中国の越境EC進出を考えている事業者様はこれらの決済方法も検討する必要があるといえます。

クレジットカードは先進国でしたら普及している国がほどんどですが、発展途上国はあまり普及していない国もあります。越境ECを始めるときは決済方法にも気を配りましょう。

法律・規制

3つめは法律・規制です。国境をまたぐ取引である越境ECは、日本ではOKでも販売国では法律や規制事項によって輸入が禁止・制限されている商品に該当する可能性や、越境ECサイトを開設するためにライセンスが必要な場合など、海外での取引ならではの事象が発生する可能性があります。

日本国内とは違うルールが多くあるため、事前に販売国の法律や規制について良く調べることが求められます。

ハードル2:運営にかかるコストが国内よりも割高

越境ECのコストは国内の消費者相手のEC・ネットショップを始めるときよりもコストが割高です。

特に顕著なのは輸送コストです。販売国によってかかってくる額は変わりますが、国際配送は配送工程などが国内配送とは異なるため国内配送よりも確実に割高です。また、発送時に商品が紛失してしまう可能性などのリスクも考えられます。

また、顧客サポート面でもコストがかかってきます。対販売国の言語・状況に合わせたサポート体制を整えなければならないため、新たに体制を構築する必要があります。

このように、運営にかかるコストやそれに伴うリスクの両面から考えて配送方法を慎重に検討する必要があるでしょう。

ハードル3:集客が難しい

海外での集客は思う以上に難しく、苦戦する事業者様は多いです。自社や商材の知名度が海外でも高ければ、ある程度の集客は望める可能性があります。

しかし、知名度がまったく無い場合は対策を立てなければ集客はかなり厳しいでしょう。販売経路として大手の越境ECサイトを利用するなど、販売国の消費者の目に入るような戦略を立てることが必要です。

越境EC主要国の状況|対中国・対アメリカのデータより

越境ECの販売国として中国やアメリカを視野に入れている事業者様も多いのではないでしょうか。中国やアメリカは越境ECの利用率が高く、市場規模もこれから拡大していく傾向がある国です。

ここでは、経済産業省のデータと照らし合わせながら越境ECの主要国である中国とアメリカの状況と、そこから見える日本の越境ECの普及状況をご紹介します。

取引額は年々増加傾向|日本での消費は意外と多くない

日・米・中の越境EC取引額

越境ECの準備をするときはつい海外の状況ばかりに目が行きがちですが、日本の越境ECの状況について知ることもこれから越境ECを始めるときの大切な知識です。

経済産業省のデータによると、2018年度の日本での越境ECを利用した購入額は2,765億円です。この数値は前年比では7.6%であり、徐々にではありますが、日本でも越境ECを利用する消費者が増加傾向にあることが伺えます。

一方、中国の前年比は18.4%、アメリカは15.3%という数値が発表されています。日本の数値と比べると越境ECの伸び率は日本と比べると明らかに大きいことが分かります。

では、なぜ日本では越境ECが普及していないのでしょうか。その理由は言語の問題や配送日数がかかる、海外のサイトを信用していないなど、さまざまな理由があります。

その中でも越境ECを利用しない理由で最も多い意見は「日本のECサイトで十分満足しているから」というものです。わざわざ諸外国の越境ECサイトを新規開拓しなくても国内で事足りるので、越境ECに手を出す必要がないと考えている人が多いのです。

中国越境EC市場は急速に拡大中|日本が越境ECの購入先でNo.1

昨今、対中国の越境ECが急速に拡大しています。その背景には2つの要因があると言われています。

要因1:インターネットの普及

中国越境EC市場規模推移

中国では今、急速にインターネットを利用する人口が増えています。インターネットが中国の消費者に浸透することで越境ECを手軽に閲覧できることが可能となりました。経済産業省のデータによると2018年度の越境EC市場規模は62,938億円、前年比5.9増と発表されています。そして、2021年には81,571億円に上ると予測されています。

ショッピングモールが無くともインターネットが使えれば手軽に質の良い商品を手に入れることが可能です。その環境が中国の消費者に浸透してきたことは、大きな要因といえるでしょう。

要因2:インバウント効果

訪日外国人旅行者の推移

近年、日本へ訪れる中国人観光客が急増しています。観光の際に日本製品を購入し使用したところ気に入ったが、国内では手に入らないので越境ECを利用したという消費者は少なくありません。

事実、なぜ越境ECを使用したのかという質問に対し、「日本に観光に行った際に購入・使用し気に入ったから」と回答した消費者は2017年は40.4%、2018年には21.6%にも上りました。インバウンドにより日本製品に興味を持ちリピーターが増えることで、越境ECに流れてきていることが分かります。

これからもインバウンドは増加する傾向にあるため、越境ECにおいても利用率は高まっていくと予想されます。

アメリカも越境ECは拡大傾向|購入先は中国が6割を占める

米国におけるEC市場規模

インターネット利用者数が3億1,232万人いると言われているアメリカも、越境ECを利用する人口が増加傾向にあります。

アメリカの市場規模は2017年から2018年にかけて一度下降しましたが、売上高は上昇すると言われています。また、EC化率も年々上昇する予測が出ており、今後もアメリカ市場は拡大していくことが予想されます。

越境ECによる商品購入国

また、越境ECにおいてアメリカの消費者が最も商品を購入している国は中国です。アメリカが中国から商品を購入している割合は約6割にも上り、イギリス、カナダと比べると圧倒的に割合が高いことが分かります。

アメリカの消費者がEC利用時に不満に感じることのトップは送料が高いことです。ECを利用するときにメリットを感じる点として送料がかからないことを上げる消費者が多いアメリカでは、「クリック・アンド・コレクト」というシステムに好感を抱いている人が多いです。

「クリック・アンド・コレクト」とはECで商品を購入し、近くの店舗で商品を受け取ることができるサービスのことを指します。このサービスは送料の節約になるだけでなく、自宅配送よりも早く着くというメリットもあり、アメリカでは大変人気です。

越境ECを利用するときの懸念点としては配送が挙げられます。EC利用時の配達における不満点のほとんどが配送に関わる内容です。配送時間の問題に関しては先述した「クリック・アンド・コレクト」で解決が期待できます。

越境ECにおいて配送に関する課題は実業務に取り掛かる前に対策を練る必要があるでしょう。

物流は越境ECのボトルネックになる?|売り手も買い手も物流に課題を感じている

越境ECを始めるときにボトルネックとなり得るのが「物流」です。国内でのECにおいても課題に挙げられることが多い物流業務ですが、国をまたぐ越境ECは国内とは違った規制や輸送方法により、さらに複雑です。

越境ECの物流においては売り手はもちろん、買い手側も懸念を抱くポイントのひとつといわれています。ここでは越境ECの物流に重点をおいてご紹介します。

越境ECを始める上で物流は重視すべきか|最も大きな課題が物流という調査結果も

これから越境ECを始めるときに物流を重要視した方が良いのかという点は、気になるポイントのひとつです。結論から言えば、越境ECにおいて物流は重要視した方が良いといえます。

越境ECサイトに関しての課題

イーベイ・ジャパン社実施の越境ECに関する実態調査によると、課題としてトップクラスに上がってくるのが「商品配送にかかわるリスク」です。これは越境ECを始めた当初だけの課題ではなく、越境を運営している現在でも課題と認識している事業者様が多く見受けられます。

越境ECでは国内ECとは違った課題点が多いです。国内では商品の取り扱いは問題なかったとしても、海外ではトラブルが起こってしまう可能性も。対策をしておかないことで、お客様の手元に届くときには破損しているという事態も考えられます。

また、税関トラブルにより配送期間が長引いてしまったり、商品が配送中に紛失しお客様の手元に届かない、気温・湿度の関係で商品が劣化してしまうなどの問題も発生することが予測できます。

越境ECサイトから購入する際にハードルになること

また、Paypal社実施の調査では、買い手側が不安に思う点として、配送料や配送までにかかる期間など、こちらも主に物流に関わる意見がトップに挙げられています。

このように、物流では売り手と買い手の両方で物流に関して不安を抱えている事が分かります。これらの不安を解消するためには、対販売国に関する事前の下調べと対応方法の確立、自社にあった配送業者の選定が必要です。また、物流業務をスムーズに行うための基盤構築をしっかりと行っておくことが大切でしょう。

越境EC物流で越えるべきハードルは?|配送手段や通関手続きなど様々

越境ECの物流で越えなければいけないハードルは、国内ECとは違った点が多数あります。越境ECを始める前にその点をしっかりと把握し事前に理解しておくことで、越境ECをスムーズに始めることにもつながります。ここでは、越境ECのハードルについて詳しく紹介します。

越境EC特有のハードルともいえるのが配送における通関手続きです。国境を越えて商品をお客様の元に発送しなければいけないため、必ず税関を通らねばなりません。通関手続きは出荷から対販売国の配送までの間にたくさんの工程がありますが、これらの工程はすべて国際配送業者に担って貰うことが可能です。

ですが、まず事前に取扱い商品が対販売国で禁止・規制されているものでないかきちんと確認しておく必要があります。日本では問題なくとも販売国では制限されていたり、諸手続きが必要な場合があります。ここのリサーチが甘いと通関手続きがスムーズに通らず、お客様に商品を届けることができません。

国際配送サービスには日本郵便のEMSや、DHLやFedExといったクーリエ便などがあります。それぞれのサービスには料金や配送スピード、対応可能なサイズや重量など、様々な違いがあります。しかし、一概にどのサービスが良いということはできず、取り扱い商品などにより適切な配送手段を選ぶ必要があります。

それぞれの配送手段については以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:越境ECの配送手段はどうしたらいい? 各社の配送プランまとめ

越境EC成功のカギは早めの物流対策|効率的かつコストの安い方法を検討しよう

上記で述べたように、国際配送サービスには選択肢がたくさんあります。現在、日本で越境ECを行っている事業者様はEMSを利用している人が多いです。しかし、配送業者を選定するときには自社の商品や状況にあった配送サービスを選択することが大切でしょう。

物流業務は工程が多く大変な作業ですが、だからこそ越境ECを始めるときは事前にしっかりと業務の流れを構築しておく必要があります。国内とは勝手が違うところもあるため、初めからしっかりと物流業務の流れを構築し、効率的に運営できるよう整えておくことが肝心です。

また、配送方法によってかかってくるコストも大幅に変わってきます。ただ価格だけをみて判断するのは危険です。きちんとサービス内容も確認し、その上で価格を照らし合わせて自社に合ったものを選択することが重要です。

越境ECの物流を自動化|スモールスタートも可能なオープンロジ

越境ECの物流業務は国内ECよりも複雑でハードルがたくさんあります。オープンロジでは越境ECの物流業務全てを自動化することが可能です。自社での越境ECの物流業務を自動化すれば、業務負担が減り、経営などのコア業務に集中する時間を多く割くことができます。

ここではオープンロジの提供している物流業務自動化のサービス内容について、詳しくご紹介します。物流業務の自動化を検討する際の参考にしてください。

オープンロジとは|受注~商品発送まで全て自動化可能なサービス

オープンロジではEC・ネットショップの運営で発生する商品入荷から在庫管理から発送までの一連の物流業務をAPI連携をすることによって全て自動化するサービスです。

物流業務の全てを自動化できるため、日々の業務を軽減することにつながります。越境ECを始めると必然的に業務量は増えます。新しい業務が増えたときこそ、経営などの基幹業務に力を入れたいところです。業務量削減の手段として物流業務の自動化は有効といえます。

商品1点から利用OK|越境ECのスモールスタートができる

越境ECの物流業務を外部に任せたいけれど配送商品の個数がネックとなり業者が見つからないという事業者様も多いです。オープンロジでは海外配送でも商品1点から利用していただくことが可能です。

そのため、越境ECを始めたばかりの事業者様でも気軽に活用していただくことができます。始めから物流を全て自動化しておくことで、事業規模が大きくなり物量が増えてきても慌てることなく対応することが可能です。

初期費用無料!固定費なしの従量課金制だから越境ECを簡単スタート!

オープンロジでは初期費用やシステム利用料などの固定費は一切かかりません。料金も商品1点につき保管料1日につき0.2円〜、配送料金330円~と使用した分だけ料金が発生する従量課金制を採用しているため、余計なコストが発生しないところは強みといえます。

コストを最低限に押さえながら越境ECを行う上で重要な物流面を充実させるためにも、オープンロジの物流サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

越境ECは海外に販路を広げる有効手段|物流は自動化してコスト削減!

インターネットが普及していなかった一昔前までは、海外進出はとてもハードルが高くリスクも大きいものでした。しかし現在は技術が進歩し、スマートフォンによってインターネットがより一層身近なものになったことで、ECサイトの利用が気軽にできるようになりました。

越境ECは日本ではまだ諸外国に比べて利用者数が少ないですが、これから市場規模は大きくなっていくと予測されています。また、越境EC主要国である中国とアメリカも市場規模は年々拡大しています越境ECは海外進出の手段として現地に出店するよりもコスト・リスク共に低く、比較的容易に挑戦することが可能です。

越境ECを行う上で課題となるのは物流です。国内とは違った課題点が多々あるため、豊富な知識や情報が必要でしょう。しかし、物流業務は全て自動化することが可能です。物流業務を自動化することで経営などの基幹業務に専念することができます。越境ECを始めるときには、ぜひ物流の自動化も検討してみましょう。

【参考文献】
・経済産業省「平成 30 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)報告書」
https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190516002/20190516002-1.pdf
・イーベイ・ジャパン社「越境ECに関する実態調査 報告書https://www.ebay.co.jp/info/announcement/2019sellersurvey/
・PayPal社「Cross-Border Consumer Research 2018」
https://www.paypalobjects.com/digitalassets/c/website/marketing/global/shared/global/media-resources/documents/PayPal_Insights_2018_Global_Report.pdf

日々の発送業務を自動化!オープンロジはこちら

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。