Shopifyとは|Shopifyを使用するメリット・ハードル、登録方法や使い方を詳しくご紹介

現在ネットショップはとても身近になった商品販売方法のひとつです。自社商品をネットショップで販売するとき、どの制作プラットフォームを使用しようか迷ってしまう事業者様も多いでしょう。

ひとつの選択肢として「Shopify」があります。

今回はShopifyについて登録の仕方や使用方法、メリット・ハードルなどを詳しくご紹介します。制作プラットフォームを選定するときの参考にしてください。

Shopifyとは|越境ECに強い世界シェア1位のECサイト制作プラットフォーム

Shopifyが実際どのような機能を備えているのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。ここではShopifyの基礎について詳しくご紹介します。

世界シェア1位のECサイト制作プラットフォーム

Shopify(ショッピファイ)とは、ネットショップを制作できるプラットフォームです。

ネットショップを自分でイチから作成するのは大変なだけでなく、膨大なコストがかかります。Shopifyを利用すれば短時間で簡単にネットショップを作成することができます。

Shopifyは日本での知名度はまだまだ低いです。しかし世界的シェア1位を獲得しており、世界的な視点で見れば知名度は高いといえます。

近年、国内外問わずECの需要は上昇しています。そのため、国内でもShopifyを利用するユーザーが増加しており、これからShopifyの認知度は高まっていくことが予想されます。

カナダ発・日本に来たのは2017年

Shopifyはカナダ発のネットショップ制作プラットフォームサービスです。現在約4000人を超えるコミュニティーを形成しているShopifyですが、最初は社員5名からのスタートでした。

約10年前、Shopifyを使用して作成した初めてのネットショップは同社であるShopifyのサイトです。取り扱う商品はスノーボードでした。当時はインターネットはもちろんECも発展していなかったため、システムなどの基本的な部分をイチから作り上げていったのです。今では当たり前となったECですが、当時は画期的な手段でした。

Shopifyのメリット|国外の消費者に向けた越境ECに適している

ここでは、Shopifyのメリットについて詳しくご紹介します。Shopifyの利用や越境ECを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

メリット1:海外相手の越境ECに強い

Shopifyのメリット1つめは、海外相手の越境ECに強いことです。

Shopifyは日本やカナダだけでなく、全世界175ヵ国以上の国のユーザーが使用している有名なネットショップ制作プラットフォームです。そのため、さまざまな国の言語に対応しています。また支払方法も多種多様に用意されているだけでなくさまざまな国の税率にも対応している点は、越境ECを行う環境が整っているといえます。

越境ECに必要なサービスが手厚いShopifyですが、日本国内EC事業者に向けたサービスも充実しています。以前までは日本語の対応がやや手薄い印象を受けるShopifyでしたが、昨今では大幅に改善されました。現在Shopifyは、依然と比べて日本国内の事業者様にとって利用しやすい環境になっています。

メリット2:デザインの自由度が高い|他サイトとの差別化が図りやすい

Shopifyのメリット2つめは、デザインの自由度が高いところです。

ネットショップ作成で重要な項目のひとつは、サイトデザインや機能性です。Shopifyで作成するネットショップのストアデザインは、テンプレートが豊富に用意されています。

テンプレートはどれもデザイン性が高く、ハイクオリティなものばかりです。無料のものから有料のものまで多くの種類が用意されているため、自社に合うデザインを見つけることができるでしょう。

またテンプレートを基本として、細かなカスタマイズを行うことも可能です。イチからサイトを構築していくのは大変ですが、ベースがあることで簡単にECサイトを作成することができます。

サイトデザインの他にも、ECサイトを運営していくときに必要な機能を適宜付加していくことが可能です。Shopifyにはサイトの機能性を高める2200以上の豊富なアプリがあり、自社のサイトを好きなようにカスタマイズできます。

このようにストアデザインのテンプレートだけに縛られるのではなく、独自のカスタマイズが可能なので、自社特有のカラーを引き出すことができます。機能が豊富に揃っていることで他サイトとの差別化が図りやすいのはShopifyの強みです。

メリット3:SNS連携が強い|高い集客性が望める

Shopifyのメリット3つめは、SNSとの連携が強いことです。

ネットショップを成功させるためには集客は欠かせません。どれだけ素敵なネットショップを作って立派な商品を販売しても、集客ができなければ成功は難しいです。ネットショップを成功させるためには、集客に関して適切な対策が必要です。

集客方法としてよく活用されているのがSNSです。

SNSを活用することで、多くのお客様をサイトに誘致することができます。

SNSを活用した集客対策を行うときに役立つ機能がShopifyにはあります。FacebookやTwitter、Instagramなどの有名なSNSとの連携が簡単にできるので、時間や費用のコストを抑えてすぐに集客対策をすることができるのです。Shopifyを利用する際は、進んで活用したい機能のひとつです。

Shopifyを利用する際のハードル|利用料や手数料などのコストがかかる

Shopifyを使用するメリットが豊富にある半面、越えなければいけないハードルも存在します。ハードルを事前に理解しておくことで適切な対応策を事前に用意することができます。

ここでは、Shopifyを利用する際のハードルを詳しくご紹介します。

ハードル1:日本語に対応しているが一部英語表記がある

Shopifyを利用する際のハードル1つめは、日本語に対応しているが一部英語表記があることです。

元々カナダ発の制作プラットフォームのため、基本の表記は英語がメインでした。

ですが近年、Shopifyは日本語にもしっかりと対応しており改善されているため、Shopifyを使用する上で不自由さは感じない環境となっています。メルマガなどの一部で英語表記がありますが、他の主要項目は日本語対応になっているので、そこまで高いハードルではありません。

しかし英語は越境ECを視野に入れている事業者様は必須です。

越境ECは海外のお客様を相手にする事業です。ですのでターゲットの国の言語を使用できるスキルは必須でしょう。英語だけでなく日本語以外の言語を適切に使用できるよう事前の対策が必要です。

ハードル2:利用料や手数料などのコストがかかる

Shopifyを利用する際のハードル2つめは、利用料や手数料などのコストがかかることです。

Shopifyは有料のECサイト作成プラットフォームです。利用料や手数料がかかる点は、確かにハードルといえる項目です。ネットショップを開業するときには、なるべくコストを抑えたい事業者様は多いでしょう。

しかし、Shopifyは有料だからこそ充実した機能が豊富にそろっており、サポート体制も万全です。

また無料ネットショップでも販売手数料などのコストは都度発生します。
販売手数料は無料ネットショップの方が高く設定されている場合が多いです。仮に多くの商品を販売する場合、将来的にコストが有料ネットショップを使うときよりも高くかかってしまう可能性があります。

先々のことを考えた場合、有料でネットショップを制作した方がトータルのコストが低く抑えることができる場合があります。一見、コストパフォーマンスが悪く見える有料ネットショップですが、長い目で見るとハードルとは言い難いでしょう。

Shopifyの登録・使用方法|メールアドレスで登録可能

Shopifyを使用したネットショップ開設手順を事前に手順を知っておくことで、ネットショップをスムーズに開業することができます。

ここでは、Shopifyの登録・使用方法を詳しくご紹介いたします。

メールアドレスで登録可能

Shopify画面説明1

Shopifyはメールアドレスで登録することが可能です。現在14日間の無料体験期間が設けられています。Shopifyは有料のため、使用しようか迷っている事業者様も多いでしょう。クレジットカード登録も不要なため、気軽に試してみることができます。

初期設定方法

メールアドレスを入力しストアを作成したら、次は初期設定を行います。指示されている項目を埋めていきましょう。ストアの住所は事業を構えている場所や自宅の住所など、拠点になる場所を入力します。

Shopify画面説明2

必要項目を入力したら「ストアに入る」を押下します。

Shopify画面説明3

「ストアに入る」を押した後は、この画面に遷移します。

商品出品方法

初期設定が完了したら、次は商品の出品を行いましょう。「商品を追加する」を押下します。

Shopify画面説明4

商品を登録する画面に遷移するので、必要項目を全て入力していきます。

Shopify8画面説明5

商品説明や画像、商品の価格など、全ての項目を入力し終わったら、右側下部にある「保存」ボタンを押下して、商品登録は完了です。

サイト外観設定方法

次はサイトの外観を設定しましょう。「テーマをカスタマイズする」を押下します。

Shopify9画面説明6

現在選択しているテーマを元にカスタマイズしたいときは、カスタマイズを押下します。その他のテーマを選択したいときは、下部の「無料のテーマ」もしくは「Shopify」テーマストアを押下し、お好みのテーマを選択します。

Shopify10画面説明7

Shopifyでは、大枠のテーマから細かなカスタマイズをすることが可能です。自由度が高いため、自社に合ったこだわりのデザインをぜひ構築しましょう。

決済設定方法

決済方法を設定するときには、画面左下の設定を押下します。

Shopify11画面説明8

次のページに行くと「決済設定」という項目があるので、こちらを押下します。

Shopify12画面説明9

決済方法はShopify payments、Paypal、Amazon Payなどの他にも、外部決済方法を導入することも可能です。また、支払の確定も自動・手動を選択することもできるため、自社に決めた方法をここで設定しましょう。

配送設定方法

配送の設定方法も、左下の設定から始めます。

Shopify13画面説明10

Shopifyでは、地域ごとの配送料を設定することも可能です。細かい部分まで決めることができるため、自社にあった方法を選択し設定しましょう。

Shopify14画面説明11

配送方法などの設定は、お客様にも直接関わる大切な項目です。きちんと設定しておかなければ、配送料金でトラブルになってしまったり、商品がスムーズに届かない原因になる場合もあります。配送項目の設定は多岐に渡りますが、ひとつひとつの項目は複雑ではありません。始めのうちに、しっかりと設定と行いましょう。

Shopifyの機能で知っておきたいポイント|OPLとの連携で物流の自動化が可能

Shopifyにはネットショップ事業者様にとって必要な機能が豊富に用意されています。また、料金プランも明確で分かりやすく、これからの事業プランも立てやすいでしょう。

ここでは、Shopifyの機能で知っておきたいポイントを詳しくご紹介します。

料金プラン

Shopifyを利用するときに最も気になるポイントのひとつといえば、月々かかってくる料金という事業者様も多いです。毎月かかってくるランニングコストは明確に知っておきたいところでしょう。Shopifyには、いくつかの料金プランが存在します。ここでは料金プランをご紹介します。

Shopifyの料金プランは、「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3種類あります。それぞれの金額は日本円ではなく米ドルでの表記になっており、それぞれ月額は下記の通りです。

Shopify1料金プラン

料金プランにより、サービスの内容がやや異なります。サービスの相違点はギフトカード、プロフェッショナルレポート、高度なレポートビルダー、外部サービスの自動計算送料です。

これらのプランはスタンダードにはギフトカード、プロフェッショナルレポートが付加され、プレミアムには全てのサービスが付きます。

Shopifyサービス内容

また、プランによって手数料のパーセンテージが変わってきます。

Shopify手数料

このように各プランによって異なる点がいくつかあります。つい全て付属されているプランを選びたくなりがちです。しかし、全て網羅しているからといって自社に合うとは限りません。自社の予算や現状など、状況に合ったプランを選定することが大切です。

カゴ落ち対策

Shopifyの機能で魅力的なポイントのひとつが「カゴ落ち対策」です。

そもそもカゴ落ちとはどういった意味なのかをご説明します。カゴ落ちとは、商品をカートに入れたのに購入せずにそのままである、もしくは購入をやめてしまったという状態を指します。カゴに入れるという段階までいったのに商品を購入しないという事象は、EC・ネットショップでは良くあることです。

カゴ落ちは販売機会の損失といえる事象です。何かしらの対策が必要でしょう。その対策をShopifyでは、月額料金内のサービスで付加することが可能です。売上を逃さない対策は積極的に取り入れておきたいポイントのひとつです。

コレクション機能

Shopifyのコレクション機能とは、他ネットショップサイトで言うところのカテゴリーに該当する機能です。似たような商品をひとまとめにしたり、シーズン商品やセール商品をコレクションして一緒のページにまとめて掲載することも可能です。

コレクション機能を使用してさまざまな分類に商品を分けてカテゴライズさせることで、ユーザーの求めている商品を分かりやすく提示できます。うまくコレクション機能を活用できれば、お客様の購入意欲をさらに促進できるでしょう。

Shopifyはオープンロジとシステム連携!|発送業務が自動化可能

ネットショップの物流は小規模の段階だと大変さを実感しにくいものです。しかし、規模が大きくなるにつれて大変さが増してきます。Shopifyはオープンロジとシステム連携しているため、発送業務を自動化することが可能です。

システムが連携していない業者に発送業務を任せると、CSVにデータを落とし込んだりなど発送作業が嵩み、却って既存業務を圧迫しかねません。しかしShopifyはオープンロジと連携しているので、在庫管理から出荷作業を全て自動化し、業務を大幅に削減し、負担を軽減することが望めます。

また在庫データもリアルタイムで管理することができるため、常に在庫の状況を把握することもできます。

ネットショップを始めるときは、後々大変になってくる業務である物流業務のこともしっかりと考えて戦略を練る必要があるでしょう。

Shopifyは簡単に登録可能!越境ECに強く集客力も期待できる

Shopifyは海外の消費者を相手にした越境ECに強く、自サイトを作成して越境ECを始めたい事業者様にオススメのECサイト制作プラットフォームです。

世界シェア1位の知名度を誇るShopifyは登録手順がシンプルです。また集客力があり、サイトデザインの自由度も高いので、始めて越境ECに参入する事業者様にとっても嬉しいメリットがたくさんあります。

自社のサイトを立ち上げて越境ECを始めたい事業者様は、Shopifyの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

□Shopify:https://www.shopify.jp/

リンクバナー

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。