3PLとは|3PLの詳細やメリット、選び方のポイントなどをご紹介

EC・ネットショップを運営し、業務が拡大していくと、物流関係の業務負担は比例して大きくなっていきます。物流業務の負担を少しでも軽くしたいと考えたときに見聞きするワードで3PLがあります。

3PLという言葉を聞いたことはあっても、実際どのような内容なのか詳細を知っている事業者様は少ないのではないでしょうか。

今回は、3PLの詳細やメリットの他、選び方のポイントなど、3PLについて詳しく紹介していきます。物流業務の負担軽減を検討する際や、3PLについての詳細を知りたいときの参考にしてください。

3PLとは|第三者である事業者に物流業務を委託すること

3PLという言葉は物流に関わっていると近年良く見聞きする言葉のひとつです。ECやネットショップ事業にも関連する物流業務ですが、その業務負担は事業が拡大する程大きくなっていきます。

そこで、物流の課題点を解決するべく3PLを視野に入れて物流事業の見直しを検討している事業者様も多いのではないでしょうか。

ここでは、3PLとは一体どのような機能なのか詳細についてご説明します。具体的な内容を知ることで、3PLへの理解を深める一助としてください。

第三者の事業者へ包括的に物流業務を委託すること

3PLとは、サードパーティーロジスティクス(Third Party Logistics)の略称で物流全般の業務を物流事業を行う第三者へ包括的に委託することを指します。

物流業務は規模の小さな初めのうちは自社で行っていても、然程負担に感じることはないでしょう。しかし、事業規模が拡大し物量が多くなってくると、その負担は比例して大きくなります。

そこで、物流全般の業務を物流事業を行う第三者に包括的に委託することで、業務負担を減らし、効率を上げる手段として3PLを取り入れる事業者様が増えてきています。

3PLというからには1PLや2PLも存在します。1PLは荷主やメーカーを指し、2PLは問屋や小売業者のことを指します。そして、3PLは上記で述べたように物流事業を包括的に行う物流事業者のことを指しているのです。

1990年代後半に日本に広まった

今では身近な存在となった3PLですが、一体いつから全体に広まったのでしょうか。ここでは、3PLの歴史についてご紹介します。

3PLの源流については諸説あります。1990年頃、アメリカやヨーロッパで広まり始めたと言われています。これらの国では、専門分野はその専門業者に任せるのがベストだという考えがもともと定着していたため、物流業務を専門業者に一任する3PLはすぐに広まりました。

しかし、日本では自社の業務を他の会社に委託するということ自体に、あまりいい印象を持っている人が少なかったため、3PLが世界的に流行りだした当初は全体に浸透するまでには至りませんでした。

当初はなかなか浸透しなかった3PLですが、1990年代後半には業務を委託するという考えに抵抗感のあまりない事業者様が増えたことが原因なのか、少しずつ広まりを見せてきました。そして今現在、3PLは物流業界では良く見聞きするほど馴染みのあるものとなっています。

3PLのメリット|コスト軽減に繋がる

3PLを導入しようと検討するときには、3PLについてのメリットもしっかりと知識に入れておきたいものです。3PLのメリットを具体的に知ることで、実際に3PLを自社に導入した方が良いのか否か、適切に判断する材料となります。

ここでは、3PLのメリットについて詳しくご紹介します。

業務負担が減り、基幹業務に集中できる

3PLを自社に導入することで得られるメリットのひとつは、経営などの基幹業務に集中できることです。

物流業務は在庫管理や発送など、ひとつひとつの作業はシンプルなものが多いです。しかし、物流業務の工程は多岐に渡ります。そのため、いくら作業内容が簡単でも多くの人員を割かなければなりません。また、物流業務はお客様に深く関わる業務であり、さらには自社の売上にも直結しているため、決しておろそかにしてはいけません。

物流業務は自社の内部で行われる業務のため、あまり外部の目に触れることがありません。そのため、ついおざなりになってしまいがちな物流業務ですが、だからこそ無駄な工程やコストが生まれてしまいがちです。また、業務が拡大していけばいく程、業務負担がかさむのも物流業務の特徴のひとつです。

物流業務を第三者に委託する3PLを採用することで、自社で行っていた物流業務の負担が軽減されます。そして、物流のノウハウを豊富に持っている第三者に物流業務を包括的に任せるため、自社で行っていた物流業務よりも効率よく業務を運用することにも繋がるでしょう。

また、負担が減ったことにより、人員や時間を経営などの重要な基幹業務にあてることができます。このメリットは、これから自社の経営規模を大きくしていこうと考えている事業者様には、とても嬉しいポイントでしょう。

また、規模を大きくせずとも、物流業務に課題を抱えていたり、経営状況を見直したいと検討している事業者様も多くいらっしゃいます。そんな事業者様にとっても物流に3PLを導入することは、大きなメリットとなる可能性があるでしょう。

コスト軽減に繋がる

3PLを導入するメリットとして、コスト削減も期待ができます。物流業務は人目に触れる機会の少ない業務のため、業務の見直しなどの精査がつい後回しになってしまいがちです。そのため、事業を始めた最初のうちはやり方が適切だったはずの物流業務も、事業の規模や内容が変わってくることで自社の経営と物流業務のバランスが崩れていることもあるでしょう。

物流業務は適宜見直しを図ることで、余計なコストを見逃さずに対処することが可能です。

コスト削減の手段として、3PLは有効な場合があります。物流業務全般を第三者の事業者に委託することは一見、コストが高くかかってしまうのではないかと不安に襲われます。

しかし、実際に任せてみると自社での物流業務の運用の方が無駄が多く、コストが余計にかかっていた、なんてことが発覚するパターンも珍しくありません。物流に秀でた3PL業者だからこそ、その無駄を省けるスキルがあります

自社のコストを少しでも軽減したい、物流業務の見直しを図りたい、そのひとつの手段として、3PLの導入を検討するのもオススメです。

3PLのハードル|使い方によってはコストが嵩む

上記で3PLのメリットをご紹介いたしましたが、もちろん、越えなければいけないハードルもいくつか存在します。ハードルと聞くと少々尻込みしてしまいますが、事前にしっかりと理解し解決策を立てておくことで、より一層、自社に合うように3PLを導入することが可能です。

ここでは3PLのハードルについての詳細や対応策を詳しくご紹介します。

業者に委託するため細かな業務に目が行き届きにくくなる

3PLのハードル1つ目は、業者に委託するため細かな業務に目が行き届きにくくなることです。3PLは物流のほぼ全てを第三者に委託します。自社から離れたところで物流業務が行われるため、どのように物流が行われているのか、詳細を具体的に随時見ることはどうしても困難になりがちです。

3PLを導入して物流業務の軽減を図ることには、メリットも多数あります。しかし、上記のようなハードルが存在するため、専門の業者に委託する業務内容は事前にきちんと精査しなければなりません。しかし、物流業務のすべてを任せると言っても、経営に関わるような重要な部分の仕事までも全て任せてしまうのはオススメできません。

忙しいからと言って業務を必要以上に委託しすぎてしまえば、自社で管轄する業務と委託する物流業務とのバランスが崩れてしまいます。せっかく経営などの基幹業務に専念するために委託したはずなのに、委託した業務から目が離せなくなり、自社の経営業務が逆にスムーズに運用できなくなることになれば、まさに本末転倒です。

物流のプロである3PL業者を利用する場合は、しっかりと信用のおける業者を選定し、委託する業務内容も具体的に精査するようにしましょう。

トラブル時の対応にタイムラグが生じる可能性

3PLのハードル2つ目は、トラブル時の対応にタイムラグが生じる可能性があることです。

物流の業務を第三者に委託するため、業務負担は確実に軽減されます。しかしその分、物流業務の現場でトラブルがあったときの対応がどうしても遅れがちです。

物流に精通している第三者に委託したからといって、全面的に安心しきって任せきりにするのは極めて危険です。万が一のトラブルにもなるべくタイムラグを生じさせず、迅速に対応することができるよう、事前に対策を講じておく必要があります。また、委託業者とも密に連携を取れるように環境を整え、必要な時に適宜情報を共有できる関係を築いておくことも肝心です。

また、そもそものトラブルをなるべく少なくするためには、3PL業者の質にも注目した方が良いでしょう。仕事量に大し料金が安く魅力的でも、実際の業務の質が悪くトラブル続きでは、せっかく3PLを導入しても、業務効率は上がらず、かえって足を引っ張られてしまうことになりかねません。

3PLを導入するときには、きちんとトラブルが起きたときの対策を自社で考え、さらに3PL事業者の選定にもしっかりと力を入れて取り組みましょう

使い方によってはコストが嵩む

3PLのハードル3つ目は、使い方によってはコストが嵩むことです。

物流のプロである3PL業者に自社の物流業務を委託することには、当然ですが費用が発生します。また、3PLのサービスを提供している事業者によって、サービスの質も金額もそれぞれ異なってきます。せっかく自社の物流業務を委託するのなら質のいい業者に依頼し、自社の負担を軽減したいと考えるのが一般的でしょう。

物流業務の負担が軽減され、コストも低く抑えることができるのが一番です。しかし、実際業務負担の軽減ばかりを考えながら業者を決めようとすると、ついコストが高くついてしまいます。以前の物流業務に比べて押さえることができれば良いでしょう。しかし業者に委託した結果、以前よりも高くコストがかかるのは避けたいことです。

3PL事業者に物流を委託するときには質ももちろん大切ですが、コストの面でも自社に合っているか検討することが大切です。

【コラム】4PLとは|詳細と注目される理由をご紹介

3PLが定着し始めてきた昨今ですが、最近は4PLという言葉も見聞きします。では、4PLとは一体どのような機能なのでしょうか。4PLの内容を知っておくことで、3PL導入を検討するときの参考にもなります。ここでは、4PLについて詳しくお話しいたします。

3PLにコンサルティング業務をプラスしたシステムのこと

4PLとは3PLにコンサルティング業務をプラスした方法のことを指します。物流に関した専門知識を持っている3PL事業者は、事業拡大のひとつの手段として4PLがあります。専門知識を生かして他社をコンサルティングすることで収益を得ることができるのです。

昨今、この3PLにコンサルティング機能を付加した4PLが3PL業者や物流関連の事業者様の間で注目を集めています。

日本国内では、荷主と物流関係の企業の間に他の企業が入り、物流に関して話し合いを進める場面が多く存在します。しかし、その間に入る企業は物流の知識を持っていないことが多く、専門的なノウハウがないことがハードルになっている場合があります。

3PLを行っている事業者のように、物流の専門的な知識のある業者が荷主と物流企業の間に入るコンサルティングを担うことで、このハードルは容易く解消されます。また、物流企業自体が3PL事業を担っている場合、間に誰も挟まないため、間接的に行う取引よりも円滑に事を運ぶことができるでしょう。

注目される理由|低リスクで始めることが可能

最近注目されている4PLですが、注目されるからには理由があります。ここでは、4PLがなぜ注目されるかについてご紹介します。

物流会社が自社で培ってきたノウハウを生かして行う4PLは、もともとある物流知識を生かして行う事業のため、設備投資が必要なく、低コストで始めることが可能な事業です。

既に3PL事業を開始しており、さらに事業規模を拡大したいと考えとき、懸念材料となるのはコストやリスクです。3PL事業自体を拡大しようとすると、どうしても先々採算が取れるか不安視してしまう事業者様が多いです。

しかし、4PL事業は新たに倉庫を用意したりする必要がなく、もともとある自社のノウハウのみでスタートすることが可能です。そのため、初期費用を大幅に押さえて開始することができるので、低リスクで始められる利点があります。

元来培ってきた3PL事業にコンサルティング業務をプラスし、低リスクで新規事業が開始可能な4PLは、3PL事業を行う物流業者にはとても魅力的だと言えます。

3PL利用時の注意点

3PLを自社に導入し利用しようと検討するときに、気を付けておきたいポイントがいくつか存在します。しっかりと注意点を押さえておかないと、せっかく自社の物流負担を減らしコストを押さえようと検討しているのに、逆に負担がかかってしまう自体を招きかねません。

ここでは、3PL利用時の注意点を詳しくご紹介します。3PL利用を検討する時の参考にしてください。

自社で行う業務と委託する業務を明確にする

3PL利用時の注意点1つ目は、自社で行う業務と委託する業務を明確にすることです。自社の物流業務を3PLを行う事業者に委託するときには、負担を軽減したいがために多くの業務を任せてしまおうと考えがちです。

しかし、具体的なことを考えずにざっくり任せてしまうと、自社経営の重要な業務に関わる箇所までうっかり任せてしまい、自社の経営が上手くいかなくなってしまうことも。

物流業務に限った話ではありませんが、自社の業務を他社に委託するときには、きちんとどこまでの業務をどれくらい委託するのか具体的に決めておくことが重要です。

自社業務をどこまで委託するのかを検討するときには、任せたときにどれくらいの余裕が出て、どの程度のコストが抑えられるのか、しっかりと明確に予測を立てることも大切です。委託する業務量は、きちんと未来を見据えながら計画を立てることが肝心だと言えます。

サービスとコストのバランスを見極める

3PL利用時の注意点2つ目は、サービスとコストのバランスを見極めることです。3PLを自社に導入するときは、サービスにばかりつい目が行っていがちですが、しっかりと、自社の状況と導入時にかかってくるコストも見ながら決定しなければいけません。

3PL事業者によってサービス価格は異なり、内容もさまざまです。また、オプションなどを付加していけば、比例して価格も上がってきます。

3PLを自社に導入するときにはつい、あれやこれやとオプションを付けて万全の体制を取りたくなるものです。しかし、サービス内容を充実させたからといって、上手く物流業務が稼働できるというわけではありません。しっかりと自社の物流業務に合っているサービス内容を見極める必要があります。

サービスとコスト、両方の面からしっかりと自社の物流業務と3PLを取り扱う事業者を見て、双方のバランスをきちんと取れるように業者を選定しましょう。

自社のフェーズに合わせた対応をしてくれる業者を見つける

3PL利用時の注意点3つ目は、自社のフェーズに合わせた対応をしてくれる業者を見つけることです。3PLを利用し始めてから会社の規模が変わったり、経営方針や物流のシステムに変更が発生したときに、しっかりと適切な対応してくれる業者である必要があります。

自社のフェーズが変化したにも関わらず、物流業務を委託した3PL事業者がその事態に合わせた対応をしてくれなければ、自社の状況と物流業務に齟齬が出てしまうでしょう。結果、自社の物流がうまく稼働しない原因となる可能性があります。

3PL導入時に業者を探すときは、口コミや周りの情報を多く集め、業者について詳しく知り、自社に合った業者を選定することが大切です。

3PLを導入した後は業務を任せっきりにするのではなく、きちんと業務が自社が想定していたように業務が行われているか、3PL事業者と情報をこまめに共有することが重要です。

物流業務は自動化可能!|スモールスタートも可能なオープンロジ

3PLとまではいかずとも、自社の物流業務の負担を減らしたいという事業者様も多くいるのではないでしょうか。オープンロジでは、物流業務を全て自動化することが可能です。ここからはオープンロジの紹介をさせていただきます。

小規模からスタートができるオープンロジ。EC・ネットショップを始めたばかりだけれど、早いうちから物流業務の負担を軽減しておきたい。そんな事業者様にもオープンロジのご利用はオススメです。ぜひこの機会に検討してみてください。

オープンロジとは|受注~商品発送まで全て自動化可能なサービス

オープンロジではEC・ネットショップの運営で発生する商品入荷から在庫管理から発送までの一連の物流業務をAPI連携をすることによって全て自動化するサービスです。

物流業務の全てを自動化できるため、日々の業務を軽減することにつながります。EC・ネットショップが軌道に乗り始めると必然的に業務量は増えます。新しい業務が増えたときこそ、経営などの基幹業務に力を入れたいところです。業務量削減の手段として物流業務の自動化は有効といえます。

商品1点から利用OK|越境ECのスモールスタートができる

物流業務を外部に任せたいけれど配送商品の個数がネックとなり業者が見つからないという事業者様も多いです。オープンロジでは海外配送でも商品1点から利用していただくことが可能です。

そのため、EC・ネットショップを始めたばかりの事業者様でも気軽に活用していただくことができます。始めから物流を全て自動化しておくことで、事業規模が大きくなり物量が増えてきても慌てることなく対応することが可能です。

初期費用無料!固定費なしの従量課金制だからEC・ネットショップを簡単スタート!

オープンロジでは初期費用やシステム利用料などの固定費は一切かかりません。料金も商品1点につき保管料1日につき0.2円〜、配送料金330円~と使用した分だけ料金が発生する従量課金制を採用しているため、余計なコストが発生しないところは強みといえます。

コストを最低限に押さえながらEC・ネットショップを行う上で重要な物流面を充実させるためにも、オープンロジの物流サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

□内部リンク:日々の発送業務を自動化!オープンロジはこちら
https://www.openlogi.com/

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。