ネットショップの始め方|開業方法や押さえておきたいポイントなどをご紹介

ネットショップは手軽に始めることができる事業のひとつです。ですが、しっかりと知識を得てから下準備をしなければ、失敗しやすい事業でもあります。せっかくネットショップを始めるのなら、ハードルにつまずくことなく成功させたいものです。

今回は、ネットショップの始め方について、開業方法ネットショップと実店舗の違いネットショップを運営するときに押さえておきたいポイントなどを詳しくご紹介いたします。新規にネットショップを始める際の参考にしてください。

ネットショップと実店舗の違い|お客様との関わり方が異なる

商品を販売するという点では共通しているネットショップと実店舗ですが、接客方法や商品の入手方法など、相違点がたくさんあります。ネットショップと実店舗のひとつひとつの違いをしっかりと把握することで、ネットショップ運営を成功させるポイントを掴むことに繋がります。

ここでは、ネットショップと実店舗の違う箇所について詳しく掘り下げていきます。ネットショップを始める前にこの2つの違いを押さえておきましょう。

店の構え方が違う

ネットショップと実店舗は当たり前ではありますが、そもそも店の構え方が違います。実店舗の場合、まず店舗を構えるために土地や賃貸スペースを手に入れる必要があります。店を構える場所を用意するには多額の費用を要します。また、適している土地を探したり、契約を結んだりなど工程も数多くあります。

店舗を構える場所が決まったら内装を整えます。内装が整ったら商品を並べ、お客様を迎え入れます。営業時間も決める必要があり、場合によっては店員を雇うことも考えなければいけません。

一方、ネットショップはインターネット上に店を構えます。まず始めに、インターネットを接続できる環境を整えます。ネット環境が整ったら、次にネットショップを構える場所を探します。方法はECサイトを利用したり自社サイトを作ったりなどさまざまです。ショップを構える場所が用意できたらネットショップの外観やシステムを整えます。

ネットショップは当たり前の前提ですが、実際の商品を手に取って見てもらう事ができないため、画像や文章で商品の説明を行います。文章と視覚からの情報しか提供ができないため、しっかりと好印象を持たれるような情報を提示する必要があります。

販売する準備ができたら、ネットショップへお客様を呼び込みます。出店方法によりお客様の呼び込み方法は異なります。広告SNSなど、自社に合った宣伝方法を選択しましょう。

実店舗とネットショップは店の構え方が違うことによって、その後の工程が大きく異なります。それぞれの違いをしっかりと理解し、自社がどちらの店の構え方が合っているのか、今一度検討してみることもオススメです。

お客様との関わり方が違う

お客様との関わり方もネットショップと実店舗では違います。その大きな違いとはお客様と対面で直接関わるか否かという点です。実店舗にはお客様が直接訪れます。そのため、お客様と直接対面して接客をし、商品を販売し、何か質問やトラブルがあれば適宜その場で対応します。

一方、ネットショップは基本的にお客様と直接顔を合わせません。そのため、サイト上にある情報のみで、間接的にお客様に商品の良さを伝えなければなりません。

直接お客様の顔が見える対面販売では、お客様の反応を見ながら商品説明をしたり宣伝をすることが可能です。しかし、ネットショップではそれができないため、商品を分かりやすく、魅力的に伝える技術が必要です。

また、商品に不良箇所があったり、お客様から質問があった場合、ネットショップでの対応にはどうしてもタイムラグが生じてしまいます。ネットを介した間接的な取引のため、必ず生じてしまう問題ですが、このタイムラグはなるべく短くするのが望ましいでしょう。トラブルや質問には迅速かつ的確な対応が求められます。

商品受取までの時間が違う

商品を受け取るタイミングも、実店舗とネットショップでは異なります。

実店舗にはお客様が直接訪れます。そして店舗の中で商品を見て、気に入ったものがあればその場で購入し、すぐ受け取ることが可能です。このように実際の商品を手に取って見てすぐに購入できるため、商品受取まで一切のタイムラグがないのが特徴です。

一方、ネットショップはお客様の元まで商品を配送しなければならないため、届くまでに数日のタイムラグがあります。国内だと比較的早く届けることが可能ですが、越境ECのように国境を越える取引の場合は、それ以上の日数がかかります。

なるべく時間をかけず、すぐに商品を購入したい場合は、実店舗での購入が選ばれやすいでしょう。実際に商品を見て購入を検討できるというメリットもあります。しかし、自分が店舗まで直接足を運ばなければなりません。

ネットショップは家にいながらも自分の希望した商品を買うことができます。しかし、商品の受け取りまでに時間がかかります。ですが、同じジャンルの商品でも多数の種類の中から自宅で自分のペースで探すことができます。また、配送方法や地域によっては数日で商品を手に入れることが可能です。

ネットショップの開業方法|自社のニーズに合った出店方法を選ぼう

ネットショップの開業方法は大きく分けて2つあります。どちらにもメリットがありますが、自社の方向性に合った方法で運営しないと、せっかくネットショップを開業しても運営が上手くいかない場合があります。ネットショップを開業するときには、事前の下準備と知識を身に着けたうえで、自社に合った出店方法を選定することが大切です。

ここでは、ネットショップの開業方法を詳しくご紹介します。ネットショップをどのような形態で行うか迷っている事業者様はぜひ参考にしてください。

ECサイト・モールに出店する

ネットショップの開業方法1つめは、「ECサイト・モールに出店する」方法です。ネットショップを開業しようと考えたとき一番最初に思いつく方法は、この方法だという事業者様も多いのではないでしょうか。

ECサイトやモールに出店してネットショップを開業する方法メリットは「集客力」と「短期間で開業可能」であることの2つです。

集客力

大手のECサイトやモールには既に知名度と集客力が備わっています。知名度の高いサイトにショップを開設すると、必然的に多くの消費者の目に触れることが可能です。自社のネットショップを知ってもらう一番最初のきっかけとして、まずは人の目に触れることが大切です。

きっかけが無ければ、ショップや商品の存在を認識してもらうことは難しいでしょう。自社や自社商品に知名度が無い場合は、ECサイトの知名度を利用するのも一つの方法です。

短期間で開業可能

ECサイトやモールには、すでに出店するためのシステムが整っています。そのため準備が比較的容易に行う事ができるので短期間でもネットショップを開業することが可能です。

サイトやモールによっては、ネットショップ開設や、開設してからも質問に対応するなどのサポートサービスがある場合も。ネットショップ運営したことが無い事業者様にとっては、とても助かるポイントなのではないでしょうか。

上記のようなメリットがある一方、ECサイトやモールを使用して出店すると手数料などの経費がかかる側面もあります。しかし、ネットショップを運営したことがない初心者の事業者様にとっては、コストや知識の面などトータルで比較したとしても、得られるメリットは多いでしょう。

自社サイトを作成し開業する

ネットショップの開業方法の2つめは、「自社サイトを作成し開業する」ことです。

自社にてシステムを構築しネットショップを開業すれば、自社のイメージに合った理想のネットショップサイトを作ることが可能です。また、自社でイチから全てを作り、運営するため、余計な手数料がかからないところも大きなメリットでしょう。

しかし、自社サイトを作成しネットショップを開業するためには、サイト作成の知識やネットショップのシステムを構成するスキルなど、たくさんの知識が必要です。また、サイト作成までにかかる費用もECサイトやモールを利用するのと比較すると高くなりがちです。

また、集客方法もしっかりと検討する必要があります。自社や自社商品に集客効果があればそれを生かす方法があります。集客力が無い場合は、SNSや広告を活用するなどの対策が必要でしょう。

自社サイトを作成してネットショップを開業する方法はECサイトやモールを通すよりも自由度は高いです。しかし、費用面や技術面などでハードルがやや高いため、自社の規模や状況をしっかりと見つめなおして慎重に検討することが必要です。

ネットショップ開業のポイント|ターゲットに適した方法を決める

ネットショップを開業することは、意外と簡単にできるものです。しかし、何も調べずに安易に開業してしまうのは危険です。しっかりと開業の手順やポイントを押さえてから開業することで、開業後も大きくつまずくことなくネットショップを運営できるでしょう。

ここでは、ネットショップの開業のポイントを詳しく紹介します。ネットショップ開業を検討している事業者様は、検討段階のうちに、ひとつひとつの大切なポイントをしっかりと理解しておきましょう。

ポイント1:インターネットのサイト・環境をしっかりと整える

ネットショップ開業のポイント1つめは、サイト環境やインターネットの環境をしっかりと整えることです。ネットショップを運営するからにはインターネットの環境を整えることは必須条件です。個人で行う場合も企業として行う場合も、改めてネット環境をしっかりを見つめ直して整備しておきましょう。

また、ネットショップの店舗であるサイトもしっかりとしたものを作り上げることが大切です。実店舗とは違って、ネットショップはサイトで見えることが全てです。ネットショップに来て下さったお客様が見やすいようにサイトをデザインしたり、購入するときや商品を見るときの操作性を良くしたりなど、細かな工夫が必要です。

サイトを閲覧するときに操作性が悪かったり、見づらかったりなど、閲覧しているお客様にストレスがかかると、商品購入まで結び付かない原因となります。また、今後サイト自体を見てもらえなくなる可能性があります。

直接お客様の反応を見ることができる実店舗でしたら、その時々で知ることができるため、に適宜対策が取れます。しかし、ネットショップはデータでしかお客様の反応を知ることができないため、問題点が分かるまでに時間差が生じます。

初めて自社のネットショップを訪れたお客様を逃さないためにも、開設前にできる対策や工夫は全て施してから万全の体制でネットショップを開設することが重要です。

ポイント2:ターゲットに適した決済方法を決める

ネットショップ開業のポイントの2つめは、販売ターゲットに適した決済方法を決めることです。

ネットショップを開業するときまず始めに注目することと言えば、商品やサイトの見た目や販売方法という事業者様は多いでしょう。ですが、決済方法も開業準備が初期段階のうちから注目しておきたいポイントです。

販売する商品やサイトがどれだけ魅力的でも、最後の決済方法が販売ターゲットの使用したい方法でなければ、商品の購入をやめてしまう原因となりかねません。

ネットショップを開業するときには、自社の商品を購入するターゲットがどの決済方法を求めているのかリサーチしましょう。ネットショップで使用できる決済方法はさまざまありますが、ECサイトやモールなどを使用する場合は、そのサイトで使用できる決済方法を利用する必要があります。

ネットショップを開くときには、決済方法にもしっかりと目を向けて検討することが肝心です。

ポイント3:開業届を忘れない

ネットショップ開業のポイント3つめは、開業届を忘れないことです。ネットショップを専業として事業を開始したいと考えている方は、開業届を出すことを忘れないようにしましょう。

開業届はネットショップを開業してからなるべく早めに提出するようにしましょう。開業日は自分が開業したと判断した日です。ネットショップに使用する屋号や口座も必要になるため、事前に用意しておくのが望ましいでしょう。

ネットショップを開業する前には事前準備として、パソコンや必要な機材を購入したりなど、さまざまな費用がかかります。これらは全て帳簿に記載したりなど、確定申告にも必要になってくる情報のため、領収書などはしっかりと手元に残しておきましょう。細々とした項目が多いので、全てを明確にきちんと管理しておくことが大切です。

ネットショップのメリット|低予算で開始可能

ネットショップは実店舗にはない魅力的なメリットがたくさんあります。ネットショップ事業に興味はあるけれど、実際に開業しようか迷っている事業者様も多いのではないでしょうか。

メリットを知ることで、ネットショップを開業するか否か判断する一材料になるでしょう。ここでは、ネットショップのメリットについて詳しく紹介します。

メリット1:低予算で開始できる

ネットショップのメリット1つめは、低予算で開始できることです。ネットショップは実店舗を開業するよりも、比較的低予算でスタートすることが可能です。そのため低リスクでチャレンジしやすく、試験的に自社の商品を販売してみる、ということもできます。

初めて商品を販売するときには、実店舗を構えてスタートするのは中々ハードルが高く感じるものです。しかし、ネットショップなら、まず少量の物販からスタートして、軌道に乗ってきたら本格的に規模を拡大していくといった方法を取ることも可能でしょう。

低予算・低リスクというメリットはネットショップ事業を行う上で最大のメリットといえるのではないでしょうか。

メリット2:実店舗よりも多くの商品を取扱うことができる

ネットショップのメリット2つめは、実店舗よりも多くの商品を取扱うことができることです。実店舗ですとスペースが限られるため、陳列する商品数に限りがあります。しかし、ネットショップの場合はサイトに商品画像を掲載するため、在庫を保管するスペースがあれば、大きさや量に関わらず好きな数量を販売することが可能です。

実店舗の場合スペースがどうしても限られてしまうため、商品を季節ごとに入れ替えたり、古い商品を下げたりなど、諸々の手間がかかります。しかし、ネットショップの場合はサイトに画像を掲載するため、商品を好きなだけ並べることも可能です。また、実際の商品をいちいち動かす必要がないため、手間のかかり方も異なります。

また、ネットショップの場合は在庫をたくさん抱えても実際のサイトのスペースを圧迫することがありません。実際の在庫を確保しておくことが可能なら、実店舗よりも多くの商品を一気に販売することが可能です。

メリット3:24時間休むことなく商品を販売できる

ネットショップのメリット3つめは、24時間休むことなく商品を販売できることです。

実店舗の場合、24時間商品を販売することも不可能ではないですが、その分人件費や光熱費などのコストがかかります。また、利用するお客様の数も立地や商品によって左右されるため、常にお店をオープンさせておき、コスト以上の利益をあげるのはなかなかハードルが高いでしょう。

一方、ネットショップは常にサイトを見られる状態にしておくだけで24時間商品を販売することが可能です。人を配置する必要が無いため、人件費がかからず、効率的に商品を販売することができます。また、問い合わせに関してもメールなどのツールを使って受け付けておけば、深夜に問い合わせが入ったとしても日中に対応が可能です。

ネットショップのハードル|競合他社が多い

ネットショップにはたくさんのメリットがありますが、逆にハードルとなることもいくつか存在します。ハードルといえばマイナスな印象がありますが、事前にハードルを理解し対策をすることで、つまずくことなくネットショップをスムーズに運営することができるでしょう。

ここでは、ネットショップのハードルについて詳しく紹介します。ネットショップを開業する前に適切にハードルに対しての対策を立てるためにも、しっかりと理解しておきましょう。

ハードル1:集客力が必須・対策が必要

ネットショップのハードルの1つめは「集客力が必須・対策が必要」なことです。自社のネットショップを規模の大きいECサイトやモールを利用して出店したとしても、ECサイトやモールの規模が大きいため他サイトに埋もれがちです。ECサイトやモールに頼りがちになるのではなく、自社でもしっかりと対策を練ることが必須です。

また、自社でネットショップサイトを構築し立ち上げた場合には、自社に知名度があればある程度の集客が見込める可能性が高いです。しかし、知名度が無い中でイチからスタートする場合は、集客に関して対策をしなければ消費者に認知されることは極めて難しいといえるでしょう。

ネットショップで利益を挙げるためには集客に関しての対策が必須です。集客力がなければ、ネットショップを成功させることはできません。広告を出したりSNSで普及活動を行うなど、自社に合った方法で集客力を上げていくことが求められます。

ハードル2:競合他社が多い

ネットショップのハードルの2つめは「競合他社が多い」ことです。ネットショップは比較的簡単に立ち上げることができるため、多くの事業者様が参入しています。そのジャンルは幅広く、さまざまな商品が販売されています。また、専業ではなく他の職業と平行しながら副業としてネットショップを開業している人もいることも競合他社が多い一因となっています。

ライバルが多いネットショップ界隈で勝ち残るには、適切な対策が必要です。自社のサイトでしか得ることのできないメリットを提示するなど、消費者の心を掴む努力をしなければ生き残ることは難しいでしょう。

ハードル3:規模が大きくなるにつれ業務運用が複雑になりがち

ネットショップのハードルの3つめは「規模が大きくなるにつれて業務運用が複雑になりがち」なことです。ネットショップは小規模から始めることができます。その経営が軌道に乗り、商品を求めてくる消費者が増えれば規模も大きくなり業務量も増加します。業務量が増えることで、運用もどんどん複雑になっていくでしょう。

業務量が増えていく中で、顕著に大変さと複雑さが増す業務のひとつが物流業務です。物流業務は、お客様に直接関わる重要な業務のひとつです。業務の内容自体は単純な工程が多いですが、工数が多いため物量が増えるとその分複雑化します。

また、人員も必要になり、倉庫のスペースも広く費用になるため、人件費や光熱費などのコストも比例して高くなります。商品の仕入れから在庫管理、発送までの業務は常にスムーズに行わなければ、お客様に商品を届ける時間が遅くなってしまったり、商品の質を下げてしまいかねません。

商品の売上は経営にも関わる重要なポイントです。きちんと業務運営できるよう、自社のフェーズに合わせた対策や方法を取る必要があるでしょう。

【オープンロジのご紹介】ネットショップ運営の物流は自動化が可能

ネットショップ運営の物流は自動化することが可能です。物流を自動化することで、ネットショップ運営の重要な部分である経営などの基幹業務に時間を多く割くことが可能になります。

ここからは、オープンロジの紹介をさせていただきます。ネットショップ運営における物流業務自動化を検討する際の参考にしてください。

ネットショップ運営での物流業務を自動化

ネットショップを運営していくと、始めた当初は負担になっていなかった物流業務も注文や物量が増えていくことによって、比例して業務負担が大きくなっていくものです。また、人件費などのコストも増加するため、無駄のない効率的な物流のシステムを構築していく必要があります。

ネットショップの物流は自動化することが可能です。オープンロジを利用して物流を自動化することで自社の業務を減らし、負担を軽減することが望めます。また、業務負担を減らすことで効率が上がり、人件費などのコストを現時点よりも削減することができる可能性があります。

業務軽減により他の基幹業務に注力できる

在庫管理や発送などの業務はEC事業、ネットショップを運営していく上で欠かすことができないものですが、業績が上がってきてるときこそ経営などの他業務に力を入れたいでしょう。物流業務を他社に任せることで、これからの経営方針を考えたり基幹業務に集中して取り組むことができる時間を作り出すことができます。

また、外部に委託することで社内で在庫管理をするよりも人件費や管理費などを削減することができる場合があります。オープンロジでは商品1点から対応することが可能なため、小規模のEC・ネットショップ事業者様でも利用しやすいといえます。

システム利用料・固定費なしの従量課金制

オープンロジでは初期費用やシステム利用料などの固定費は一切かかりません。料金も商品1点につき保管料1日につき0.2円~、配送料金330円~と使用した分だけ料金が発生する従量課金制を採用しているため、余計なコストが発生しないところは強みといえます。

コストを最低限に押さえながら越境ECを行う上で重要な物流面を充実させるためにも、オープンロジの物流サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ネットショップの物流は自動化することがオススメ!

ネットショップは実店舗を開業するよりも比較的安価なコストで開業することが可能です。ですが、ただ開業するだけでは売上を望むことは難しいです。しっかりと事業として成り立たせるためには、集客対策やサイト構築に工夫を凝らすことが必要です。

ネットショップの物流を自動化することで、規模が大きくなっても自社の負担が少なく、経営などの基幹業務に注力することができます。先を見越して物流を自動化しておくこともぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

□内部リンク:日々の発送業務を自動化!オープンロジはこちら
https://www.openlogi.com/

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。