発送代行サービスとは|費用やメリット・デメリットと選び方のポイント

EC・ネットショップの運営が軌道に乗り、経営の規模が大きくなるにつれて課題となるのが発送業務です。商品数が少ない時には支障のなかった物流業務は売上が上がるにつれて、業務量も必然的に増えます。発送業務の量が増えることでほかの業務に手が回らなくなり、逆に売上が下がってしまう事業者様も多いです。

そんなときにぜひ利用したいサービスが発送代行サービスです。実際どのようなことをしてくれるのか具体的なサービス内容や実際にかかる料金を知っている人は少ないのではないでしょうか。今回は発送代行サービスについて、費用やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。

発送代行を検討する際の参考にしてください。

発送代行とは|主に通販などの物流業務を請け負う

発送代行業者は主に通販などで発生する物流業務を請け負っています。発送代行と言っても梱包から商材管理まで全てを外部に一任したいのか、どこまでを発送代行業者に一任したいのか事業者様によっても違うでしょう。

ここでは発送代行を行っている事業者が実際にどのようなサービスを行ってくれるのか具体的な領域や、配送代行を検討し利用するに至る理由など発送代行のサービスの詳細をご紹介します。

発送代行の領域|商品の管理から梱包や発送まで任せられる

発送代行では、主に商品の管理から梱包や発送まで、全てを委託することが可能です。

しかし注意しておきたい点があります。それは発送代行業者によって任せることのできる領域は大きく異なることです。商品管理から梱包・発送に至るまで全ての業務を請け負うことが可能な発送代行業者もあれば、その一部のみ請け負っている業者も存在します。

発送代行業者を検討する際には、まずどの程度の業務を委託したいのか、そして代行業者がどの程度の業務をすることが可能なのかWEBサイトなどを活用して情報をしっかりと得ることが肝心です。

発送代行が利用される理由|日々の出荷業務などは予想以上に大変

EC事業の規模が小さなうちはスムーズにいく発送業務も、売上が上昇し事業規模が拡大していくと必然的に発送作業も比重が重くなります。発送業務は意外と手数が多く手間がかかる業務です。効率化を図るためにも、事業規模が拡大してきたら発送代行を検討することをオススメします。

ラッピングや海外発送も対応する代行業者も存在する

物流業務に関連する業務を全て任せることのできる便利なサービスである発送代行ですが、商品の発送や梱包、出荷以外にも便利なサービスを提供している業者も存在します。

商品によっては贈呈用に使用される機会の多い商材を取り扱っている事業者様も多いです。発送代行では、オプションサービスのひとつとして商品のラッピングを請け負ってくれる業者も存在します。

また海外発送サービスを取り扱っている発送代行業者もあります。
近年、国内ECだけでなく越境ECも急成長を見せており、EC事業から越境ECに参入を考えている事業者様はぜひチェックしておきたいところです。

参考記事:
越境ECとは|越境ECの基本や市場規模、メリットやデメリットなどを詳しくご紹介

発送代行のメリット|通販の運営業務に集中できる

発送代行を考えている事業者様は、発送業務事態に課題を抱えている場合が多いです。発送業務は工数が多くコストがかかる業務ではありますが、事業が拡大してきたときこそ経営などの基幹業務に力を入れたいところです。

発送代行を利用することで得られるメリットはたくさんあります。ここでは、発送代行を利用したときに得られるメリットについて詳しくご紹介します。

メリット1:売上向上につながる基幹業務に注力できる

発送代行のメリット1つめは、売上向上につながる基幹業務に注力できることです。

発送業務の負担が多くなる程、基幹業務が疎かになってしいがちです。発送業務に時間を取られ基幹業務をないがしろにしては、今後の売上にも影響してしまう恐れがあるでしょう。

商品の梱包・発送業務は発送代行業者に任せることが可能な業務のひとつです。外部に任せることができない重要な業務に集中するためにも、発送代行の利用を検討してみるのもひとつの手段です。

メリット2:誤配送の減少など物流品質が安定する

発送代行のメリット2つめは、誤配送の減少など物流品質が安定することです。

EC事業やネットショップを運営するときに、避けたいトラブルといえば誤発送です。事業が小規模な時は全ての業務に目が行き届くため、誤発送などの人的ミスは起こりにくいです。しかし業務が拡大していけば比例してミスも増えがちです。

梱包や配送など負担となっている業務を発送代行に任せることで、人的ミスを減らし、物流品質を向上させることが可能です。配送代行業者は物流業務を専門に行っているプロのため、他の業務を兼任している自社での発送よりも各段にミスを減らすことができるでしょう。

メリット3:人件費なども含めた物流に関わるトータルコストの削減

発送代行のメリット3つめは、人件費なども含めた物流に関わるトータルコストの削減が可能なことです。

発送代行を利用したくともコストで不安を抱えている事業者様は多いです。実は配送業務を発送業者に委託することで、自社で発送業務を行うよりも人件費などを含めた物流に関連するトータルコストを削減することが可能な場合があります。

発送業務にアルバイトやパートを雇っていた場合、発送代行業者に任せることでその人件費を削減することができ、結果的にコスト削減につながる可能性があります。

発送代行といえば商品の発送のみに長けているイメージが強いですが、商品管理や梱包などの発送に関わる業務も全て代行してくれる業者もあります。発送代行を検討するときは、物流に関わるトータルコストと照らし合わせてみるのも一つの考え方です。

発送代行のハードル|自社だからこそできた柔軟な対応ができなくなる可能性

発送代行を使用することはメリットばかりに目がいきがちですが、もちろんハードルとなる点もあります。

ここでは、発送代行を使用することで発生するハードルについて、詳しく紹介していきます。発送代行を検討するときの参考にしてください。

ハードル1:個人情報などの機密情報が漏洩するリスク

発送代行のハードル1つめは、個人情報などの機密情報が漏洩するリスクがあることです。

発送業務を外部に依頼するときは発送先などの顧客の情報を発送代行先に提供する必要があります。今まで自社のみで管理していた機密情報の管理が発送代行業務でも発生することになるため、個人情報が漏洩してしまう可能性が必然的に高くなります。

もちろん、発送代行業者も個人情報を厳重に取り扱うことは必須です。しかし自社のみで管理していた時よりもリスクが高くなってしまうという事は否めません。機密情報が漏洩してしまうことを防ぐためにも、発送代行業者を選定する際には、信頼のおける業者を選ぶことが肝心です。

ハードル2:発送代行を依頼する会社のオペレーションに合わせる必要がある

発送代行のハードル2つめは、発送代行を依頼する会社のオペレーションに合わせる必要があることです。

今まで自社でできていた柔軟な対応が発送代行を使用することで難しくなる可能性があります。自社で発送業務をしていれば急な発送やキャンセルなど突発的に問題があったとしても、適宜柔軟に対応するのも難しいことではありません。しかし発送業務を代行業者に任せることで、それらのトラブルに対応できない可能性があります。

また、今まで発送業務を自社で行い独自のオペレーションが構築されていた場合も、発送代行業者に合わせる必要があるでしょう。

ハードル3:自社に物流に関するノウハウが蓄積しなくなる

発送代行のハードル3つめは、自社に物流に関するノウハウが蓄積しなくなることです。

ECサイトやネット通販において商品の発送から到着までの速さや確実性は、とても重要なポイントです。これらのノウハウを自社にて蓄積することができないのは、これからEC事業を運営していく上でハードルとなり得るでしょう。

しかし発送業務の負担がなくなることで他の業務に専念できるという大きなメリットがあるため、ハードルと決めつけるのではなくリスクの一つとして捉えるのも、ひとつの考え方です。

発送代行の料金|どんな要素が含まれるのか理解しよう

発送代行を業者に任せるときに重要なポイントの一つは実際にかかる費用です。ここでは、発送代行にかかる費用について実際にどのような箇所に費用が発生するのか詳しくご紹介します。

入荷・検品作業費用

商品が倉庫に届いた際の荷受と、届いた商品の数量や品質をチェックするための費用です。費用は商品の入庫の形式などよって異なる場合があります。
一般的にケース単位やピース単位で決められることがほとんどで、検品費用は検品の内容により変動します。各発送代行業者に費用を問い合わせるときには、費用と合わせて基準としている単位や検品の内容の具体的な詳細を尋ねることがオススメです。

保管・管理費用

商品を保管し管理するための費用です。
保管費用も入荷・検品行費用と同じく代行業者によって単位が異なる場合が多いため、比較して検討しようとしている時には単位に気を付けましょう。また価格は地価に影響を受けやすく、昨今は倉庫の需要が上がり価格も高騰している傾向にあります。

ピッキング・検品

商品を出荷する際、保管場所から商品を取ってきて商品の品質などをチェックする費用です。
この費用は商品ひとつあたりに設定されている場合が多いですが、費用自体が後述する梱包・出荷費用に含まれている場合もあります。

梱包・出荷費用

出荷する商品を梱包し送り状などを発行・添付する費用です。
この費用は梱包資材の費用や納品書発行費用が含まれている場合など、料金形態が代行業者によって異なるため発送代行の利用を検討する際には梱包・出荷に関する詳細も聞いた方が良いでしょう。

配送料

配送料は配送業者によって違います
発送代行業者によっては全国一律料金を設定しているところもありますが、近年では配送料が値上がりしているため少なくなっています。費用は関東から関西以外の北海道や沖縄などは別途費用がかかる場合がほとんどです。また離島地域は中継料金が更に追加でかかります。

その他の費用|ラッピングやシステム費用など様々なオプションがある

上記に記載した費用以外にも発送代行業者によってかかってくる費用が異なります
基本料としてシステム費用がかかる業者がほどんどで、月間の出荷個数により幅があるので発送代行業者に確認をすると良いでしょう。また熨斗などのラッピング費用やチラシの封入費用など業者によってはさまざまなオプション費用があります。

発送代行業者の選び方|自社に合うサービスを見極めよう

発送代行を頼む際に重要なポイントのひとつは、自社に合うサービスを見極めることです。

発送代行業者は各業者によって提供しているサービスの領域が異なるだけでなく、取り扱っているオプションもさまざまです。また価格帯など金額面でも違いがあるだけでなく、月間の出荷個数によっては取扱不可の業者もあります。
このように発送代行業者と一言で言っても違いがたくさんあるので、自社のスタイルに見合った業者を選択することが重要なポイントと言えるでしょう。

ここでは、発送代行業者を選ぶ大切なポイントを詳しくご説明します。

サービスの得意分野を理解する|取扱商品やサービス形態を確認しよう

発送代行業者を選ぶときには発送代行業者のサービスや得意分野を理解することが大切です。発送代行の業務内容は多岐に渡り、発送代行業者によってどの領域まで取り扱っているのか異なります。

また発送代行業務に付随したオプションも発送代行業者によって違いがあるため、しっかりと発送代行業者のサービス内容や得意分野を調べておきましょう。各発送代行業者の特色を理解することで、自社に合った業者を的確に選定することが可能です。

取り扱っている商品内容やサービス形態を調べるときは、事前に自社が依頼しようとしている業務内容を精査しておくことも肝心です。どの業務をどれくらい任せたいのか具体的に洗い出しておくことで、発送代行業者を選ぶ際に注目しなければならないポイントを明確にしておくことができます。

料金が適切か見極める|価格だけでなくサービス内容との費用対効果で判断

発送代行業者を選ぶときに一番重要視しているポイントは価格という事業者様も多いでしょう。今まで自社で行っていた発送業務を他社に任せることで、発生するコストは最低限に抑えたいものです。

発送代行業者によっては出荷個数と価格を照らし合わせたときに価格が割高になってしまう場合もあります。業務量に対して料金が適切であるか、自社の想定している料金の範囲内か、しっかりと見極めることが肝心です。

しかし価格ばかりに注目してサービスの品質が悪くトラブルばかり起きてしまっては、今後の売上にも響きかねません。発送代行業者を選ぶときには価格に注目することも大切ですが、料金に対してサービスの内容が適切であるか、価格に見合った効果を期待することができるかなど、料金だけで見るのではなく他項目とのトータルで比較し検討するようにしましょう。

自分の業務が本当に削減できるか考える|システムの連携性なども重要なポイント

発送代行業者を選ぶときには実際にその発送代行を使用することで自分の業務が本当に削減することができるのか、具体的にはどの程度削減可能か具体的に考えておくことも重要なポイントです。

せっかく発送代行を使用するのならば、メリットを十分に得たいところです。
今現在発送業務でどの程度の業務量があり、発送代行を使用することでどのくらい業務を削減できるのか、またはどの程度の業務量の余裕が欲しいのか。今後のことをしっかりと考えて計画的に発送代行業者を選定しましょう。

また業務量の削減においては、システムの連携性も重要なポイントのひとつです。自社のシステムと発送代行で使用しているシステムの連携を行うことで、業務が格段にスムーズになる可能性があります。

業務の流れが良くなることで今後の売上向上につなげることが期待できるため、発送代行業者を選定するときには、システムの連携性も重要なポイントとして考えてみることをオススメします。

【オープンロジのご紹介】発送代行ではなく発送 ”自動化” ? これからは自動化の時代

OPENLOGIロゴ

これまでは発送代行について詳しくご紹介してきました。ここからはオープンロジの行うサービス内容についての詳細や、オープンロジならではの強みについてご紹介します。

オープンロジでは、ECサイト、ネットショップで発生する一連の物流業務をすべて自動化することができるサービスを提供しています。API連携している受注管理システムを利用することで、受注~在庫管理~商品発送まで全て自動化することが可能なため、日々の業務負担を軽減することができます。

システム連携で受注データを自動で取り込み出荷!発送業務がゼロになる!

オープンロジでは、システムを連携させることで、受注データを自動で取り込み出荷することが可能です。発送業務をすべて自動化するため、自社での発送に関わる業務をゼロにすることができます。

発送業務にかかりっきりで他の主要業務に手が回らない悩みを抱えている事業者様にとって発送業務がゼロになることは、他の業務に割ける時間が増えるだけでなく、ミスも減らすことにもつながるため、事業の発展や収益の増加など、さまざまなメリットを生み出すでしょう。

料金は全国一律の明瞭会計!固定費なしで使った分だけの従量課金制

ECサイトやネットショップを始めたばかりだと出荷数が少ないため、発送代行業者が見つからなかったり、割高で使用することを諦めていた事業者様も多いのではないでしょうか。また、配送料金が一律の代行業者を探している事業者様も多いです。

オープンロジでは商品1点から利用することが可能です。価格も保管料1日につき0.2円~、配送料金370円~と、固定費なしの従量課金制を採用しているため、余計な出費がかさむことはありません。

また、配送料金も全国一律の料金で対応することができます(沖縄と離島を除く)。

オプションも充実!海外配送やギフトラッピングも対応!

オープンロジは、各種オプションメニューも豊富なラインナップを揃えております。ギフトラッピングやチラシなどの各種同梱物の対応が可能です。

また海外への発送にも対応しているので、国内ECだけでなく越境ECにも対応することができます。海外発送に関してももちろん商品1点から対応します。これから海外市場へ向けたビジネスを検討されている方もぜひ、オープンロジにご相談ください。

ECの物流も自動化_ブランドカラー

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。