Stores.jpとは|Stores.jpについてメリット、登録方法やプランをご紹介

ネットショップを開設しようと思った時に、制作プラットフォームとして候補に挙がってくるのはStores.jpという事業者様も多いのではないでしょうか。Stores.jpは初心者でも使用しやすくデザインも洗練されているため、初めてネットショップを開設するのにピッタリのネットショップ制作プラットフォームです。

今回は、ネットショップ制作プラットフォームであるStores.jpについて、どのような制作プラットフォームなのか、メリットや使用する際の押さえておきたいポイントなど、詳しくご紹介します。自社でネットショップを開設する際の参考にしてください。

Stores.jpとは

Stores.jpという名称を聞いたことはあっても、どのようなネットショップ制作プラットフォームなのか具体的に知っている事業者様は少ないのではないでしょうか。ここではStores.jpについて概要を詳しくご紹介します。

本格的なネットショップを手軽に開設できる制作プラットフォーム

Stores.jpとは、誰でも手軽に本格的なネットショップを開設することが可能なネットショップ制作プラットフォームです。ネットショップといえば、一昔前はイチから制作するのはコストも時間もかかり大変な作業でした。

しかし、今は簡単な手順を踏むだけで本格的なネットショップを制作することが可能です。また、Stores.jpでは無料でネットショップを開設することもできるため、コストを抑えたい事業者様や、試験的にネットショップを開業してみたい人にもピッタリでしょう。

Stores.jpのメリット|低コストでスタート可能

ネットショップを制作できるプラットフォームはいくつかありますが、どの制作プラットフォームで作るか検討するときに比べたいポイントといえばメリットです。メリットは各制作プラットフォームごとに異なります。

ここでは、Stores.jpのメリットを詳しくご紹介します。Stores.jpのメリットを詳しく知って、制作プラットフォームを選定するときの参考にしてください。

メリット1:簡単にネットショップを制作できる

Stores.jpのメリット1つめは簡単にネットショップを開設できるところです。

ネットショップは、一昔前まで制作すると言えば専門業者に依頼する、もしくは自分で知識を付けて制作するものであり、開業するまでとても大変な労力がかかるものでした。

しかし、昨今ではStores.jpのようにネットショップ制作プラットフォームができ、手軽に開業することが可能です。そのネットショップ制作プラットフォームのなかでも、簡単にネットショップを作ることができるのがStores.jpです。Stores.jpでは、メールアドレスやパスワードなど、必要事項を入力するだけで手軽にネットショップを始めることができます。

また、Stores.jpではネットショップデザインも豊富に用意されています。そのため、その中からお好みのテンプレートをチョイスすれば、簡単におしゃれで洗練されたネットショップを開業可能です。これもStores.jpの魅力のひとつといえるでしょう。

メリット2:無料プランがあるため、リスクが低く抑えられる

Stores.jpのメリット2つめは、無料プランがあるためリスクが低く抑えられることです。

ネットショップを自分で、もしくは業者に依頼してイチから制作するとどうしてもコストはかさんでしまいます。必然的に経費がたくさんかかり、コスト面でのリスクがどうしても高くなりがちです。しかし、Stores.jpでは、ネットショップを無料で開設することが可能なため、費用面でのリスクを少なくすることができます。

ネットショップを立ち上げるのはネットショップを開設する以外にも、商品を仕入れたり、倉庫を確保したりなど、さまざまなコストがかかります。そのため、ネットショップの立ち上げには、コストをできるだけ低く抑えたいと考えている事業者様もいるでしょう。

Stores.jpは無料で使用したあとに、有料プランでより一層ネットショップを充実させることも可能です。また、無料といってもクオリティは高く使い勝手も良いため、有料のサイトと比べても見劣りしないでしょう。

コストを抑え、低リスクの状態から始めたいと考えている事業者様に、Stores.jpはとてもオススメできるネットショップ制作プラットフォームといえます。

メリット3:手数料が比較的安いため、低コストでスタートできる

Stores.jpのメリット3つめは、手数料が比較的安いため低コストでスタートできるところです。

無料でネットショップを制作できる制作プラットフォームでは、ネットショップの作成自体は無料ですが、実際には商品を売買するときに各所で手数料が発生します。Stores.jpも同様、手数料がかかる部分が存在します。この部分の価格が高めですと、売上が上がる程にコストも高くなってしまいますが、Stores.jpは比較的安いといえます。

ちなみに、Stores.jpでは決済手数料がかかります。

無料のフリープランでは1オーダーに対して5%、有料のスタンダードプランでは3.6%の手数料が発生します。スタンダードプランと比べると、フリープランの手数料がやや高く感じるかもしれませんが、Stores.jpは他の無料ネットショップ制作プラットフォームと比べると比較的安いでしょう。

また、たくさん販売することが予想される場合には、最初からスタンダードプランを選択しておいた方が、トータルの費用で見るとお得になる可能性もあります。

Stores.jpを利用する際のポイント|集客対策が必須

Stores.jpを利用するときには、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。ポイントをしっかりと押さえておくことでStores.jpでネットショップをスムーズに開設することができます。

また、ネットショップを開設したあとでも、ハードルにつまずくことなく円滑にショップ運営をする一助となるでしょう。

ここでは、Stores.jpを利用するときに押さえておきたいポイントを詳しくご紹介します。全てしっかりと理解してネットショップ開設・運営に役立ててください。

ポイント1:売上の振込日は必ずチェックしよう

Stores.jpで押さえておきたいポイント1つめは、売上の振込日です。

Stores.jpの売上振込日は固定されているため、自分で変更することはできません。Stores.jpの振込日は、月末締めの翌月末支払となっています。そのため、きちんと収支を計算しておかなければ、さまざまな面でトラブルが発生する可能性があります。

例えば、売上が手元に入ってくる前に在庫が切れてしまったり、残高が無くなってしまえば、ショップの運営に響いてしまうでしょう。また、インターネットの接続代や倉庫のレンタル代など、支払にも困ってしまう事態も考えられます。

Stores.jpでネットショップを開業するときには、しっかりと売上振込日を計算に入れて、物事を進めるようにすることが肝心です。

ポイント2:集客戦略を立てよう

Stores.jpで押さえておきたいポイント2つめは、集客です。

ネットショップの集客は、商品やネットショップを運営している企業のネームバリューが無い限り、対策を打たないと上手くいかない可能性が高いです。商品や企業が有名だとしても、しっかりとした集客対策をしなければ、継続的にお客様が来てくれるネットショップを作るのは難しいでしょう。

集客戦略をしっかりと練っておくことで、ネットショップ運営を円滑に行うことが可能です。集客戦略にはさまざまな方法があります。SNSを活用したり、広告を出したりなど方法は多岐に渡りますが、自社やネットショップで販売する商品に合った方法を選定することが大切です。

集客の方法はネットショップを開設する前にしっかりと綿密に練りましょう。また、ネットショップを開業した後でも、フェーズに併せた集客方法を取っていくことが大切です。

ポイント3:FAQなどを読み込もう!それでもわからなければサポートメールへ

Stores.jpで押さえておきたいポイント3つめは、FAQをしっかりと熟読しておくことです。

Stores.jpには、電話での問い合わせ窓口がない代わりに、メールでのサポートが充実しています。また、FAQも細かく書いてあり、大抵の分からないことに関しては、FAQを読めば解決することが可能です。

始めてネットショップを開設するときは、どうしても疑問点がたくさん発生するものです。できる限りなるべく早く解決したいところですが、慌ててしまっては解決までに余計時間を要してしまいます。

問題や分からないことが発生したときには落ち着いて、しっかりとFAQを読み込みましょう。それでもわからなかった時には、メールサポートを活用することをオススメします。

また、問題発生前からFAQを読み込んでおくと、問題発生時にすぐ対応することができます。事前に熟読しておくのもひとつの方法です。

Stores.jpの登録方法

Stores.jpの登録方法はとても簡単に行うことができますが、事前に手順を知っておくことで、より一層スムーズに登録やネットショップの制作を進めることができます。また、登録前にイメージを掴むこともできるでしょう。

ここでは、Stores.jpの登録からネットショップの開設までの流れを詳しくご紹介します。Stores.jpを使用してネットショップを開設しようとしているときの参考にしてください。

メールアドレスと自分で決めたパスワードを入力する

Stores.jpに登録するためには、まず始めにトップページより、メールアドレスとパスワードを入力します。入力を始める場所は、左側のメールアドレスとパスワードを入力するところに適宜入力するのも良いですし、右上部にある「ショップ開設」をクリックして開始しても良いです。

ストアーズ.png

右上部の「ショップ開設」を押下すると、ポップアップが表示されます。

ストアーズ2.png

必要な項目を全て入力したら、「今すぐ無料ではじめる」を押下します。押下後は、ダッシュボードに遷移します。

ストアの名前を入力する

ダッシュボードに遷移した後は、すぐにストアの名前を決めるためのポップアップが表示されます。ストアの名前は後ほど変更することも可能です。既に決まっている場合はそのストア名を、決まっていない場合は仮のストア名を入力するようにしましょう。

ストアーズ3.png

ストアの名前を入力したら、OKを押下します。

ストアのデザインを選定する

ストアの名前を入力したら、次はストアのデザインを決めましょう。ダッシュボードの「STEP1ストアをデザインしてみよう!」を押下します。

ストアーズ4.png

使用したいテンプレートを選び、「このテンプレートを使用する」を押下します。

ストアーズ5.png

Stores.jpには多数のテンプレートが用意されています。自社の商品に合ったデザインや機能性を兼ね備えたデザインをチョイスしましょう。

ストアーズ6.png

こちらのテンプレートは後から変更することが可能です。まずはどのようなテンプレートが良いのか、実際に設定してみたりなど、試用してみるのも良いでしょう。

商品を登録し、公開する

サイトのデザインが決まったら商品の登録をします。商品の登録は、ダッシュボードの「STEP2アイテムを登録してみよう」を押下します。

ストアーズ7.png

押下後、下記のような画面に遷移します。「アイテムを登録する」を押下します。

ストアーズ8.png

アイテム編集の画面に遷移するため、必要事項を入力して商品を登録しましょう。

ストアーズ9.png

全て入力したら、「保存する」を押下します。

以前まで、アイテムの登録数はフリープランの場合、5点まででしたが、2019年4月より無制限になりました。自社の商品を制限なく登録できるのは嬉しいポイントだといえるでしょう。

商品の登録が終わり、ショップ開設の準備が整ったら、いよいよストアをオープンさせましょう。ダッシュボードのSTEP3「ストアを公開してみよう!」を押下します。

ストアーズ18.png

押下後、非公開を公開に変更します。

ストアーズ10.png

初めて公開したときは、下記のようなメッセージが表示されます。

ストアーズ12.png

ストアのURLはアイテムが購入される前までは、変更することが可能です。しかし、アイテムが一度でもお客様に購入されると、ストアのURLは変更不可能になりますので、ご注意ください。

Stores.jpの知っておきたいポイント

Stores.jpには知っておくと良いポイントがあります。ネットショップを簡単に作ることができるStores.jpですが、きちんとその内容を知っておくことで、全ての機能をきちんと把握した上でネットショップ運営ができます。ここでは、Stores.jpの知っておきたいポイントをご紹介します。

フリープランとスタンダードプランがある

Stores.jpには、フリープランスタンダードプランがあります。大きな違いといえば有料か無料の違いですが、その他にも細かな相違点があります。

フリープラン

フリープランはStores.jpが無料で使用することのできるプランです。スタンダードプランよりも機能が制限されていますが不自由はなく、十分ネットショップを本格的に運営することが可能です。コストをなるべくかけたくない事業者様や、試験的にネットショップを運営してたいと考えている事業者様にぴったりのプランでしょう。

なお、フリープランからスタンダードプランへの移行も可能です。フリープランからスタンダードプランに移行したい場合は、ストア設定から変更ができます。

スタンダードプラン

スタンダートプランは有料のプランであり、フリープランよりも自由度や機能性がワンランク上がります。

ストアーズ14.png

スタンダードプランでは、フリープランにはない機能がついています。独自ドメインの設定、アクセス解析、サービスロゴの非表示や代引き支払いなど、ネットショップ運営をしていく上であるととても便利な機能がスタンダードプランでは使用することができます。

より一層本格的にネットショップ事業を行っていこうと考える場合は、後々、スタンダードプランに移行することをオススメします。

スタンダードプランの料金は月額1980円、決済手数料は3.6%です。フリープランの決済手数料は5%なので、フリープランよりもお得といえます。月額料金の支払方法はクレジットカード、もしくはコンビニ決済です。

ストアーズ19.png

1ヶ月分から支払いをすることが可能ですが、まとめて支払うと、6ヶ月は10%OFF、12ヶ月ですと20%OFFとお得になります。長期的にネットショップを運営する場合は、まとめて支払った方が良いでしょう。

Stores.jpでは倉庫サービスも利用可能!|物流業務の自動化が可能

ネットショップの規模が拡大してくると、課題となるのが物流です。規模が小さいときは負担になりにくい物流業務ですが、規模が大きくなり、物量が増えるとその業務の負担大きくなってしまいます。

Stores.jpでは、オープンロジと連携して倉庫サービスを提供しています。この倉庫サービスを利用することで、物流業務を自動化することが可能です。ここでは、Stores.jpの倉庫サービスを設定する方法をご紹介します。

Storesにログインし、機能を追加する

倉庫サービスを設定するときには、ダッシュボードの上部にある「+」を押下し、機能を追加します。

ストアーズ15.png

ポインターを「+」に合わすと、「機能を追加」と表示されます。

倉庫サービスをONにする

画面遷移後、倉庫サービスの項目があるため、こちらの機能をONにします。

ストアーズ16.png

倉庫サービスをONにすると、ダッシュボード上部の項目に倉庫サービスのアイコンが追加されていることが確認できます。

ストアーズ17.png

実際に商品の発送を倉庫サービスを使用して任せたい場合は、この倉庫サービスのアイコンから、商品を登録してください。物流業務の軽減を図りたい事業者様はぜひ活用してみることをオススメします。

物流業務は自動化可能!|スモールスタートも可能なオープンロジ

ネットショップの物流業務は規模が大きくなるほど作業が増えるため、負担が大きい業務のひとつです。物流業務を外部に委託することで業務負担を軽減できるため、経営などの基幹業務に専念することが可能です。

オープンロジでは、Stores.jpを使用したECの物流もスムーズに自動化することが可能です。Stores.jpを利用するときには、オープンロジを利用した物流の自動化もぜひ検討してみてください。

オープンロジとは|受注~商品発送まで全て自動化可能なサービス

オープンロジではEC・ネットショップの運営で発生する商品入荷から在庫管理から発送までの一連の物流業務をAPI連携をすることによって全て自動化するサービスです。

物流業務の全てを自動化できるため、日々の業務を軽減することにつながります。新たにネットショップを始めると必然的に業務量は増えます。新しい業務が増えたときこそ、経営などの基幹業務に力を入れたいところです。業務量削減の手段として物流業務の自動化は有効といえます。

商品1点から利用OK|ネットショップのスモールスタートができる

ネットショップの物流業務を外部に任せたいけれど配送商品の個数がネックとなり業者が見つからないという事業者様も多いです。オープンロジでは海外配送でも商品1点から利用していただくことが可能です。

そのため、ネットショップを始めたばかりの事業者様でも気軽に活用していただくことができます。始めから物流を全て自動化しておくことで、事業規模が大きくなり物量が増えてきても慌てることなく対応することが可能です。

初期費用無料!固定費なしの従量課金制だからEC・ネットショップを簡単スタート!

オープンロジでは初期費用やシステム利用料などの固定費は一切かかりません。料金も商品1点につき保管料1日につき0.2円〜、配送料金330円~と使用した分だけ料金が発生する従量課金制を採用しているため、余計なコストが発生しないところは強みといえます。

コストを最低限に押さえながらネットショップを行う上で重要な物流面を充実させるためにも、オープンロジの物流サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

□Stores.jp:https://stores.jp/

□内部リンク:日々の発送業務を自動化!オープンロジはこちら
https://www.openlogi.com/

オープンロジ|News topics

関連記事

オープンロジ|News topics

物流の未来を、動かす。